写真提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優の大泉洋が主演する、井上ひさし原案の映画『駆込み女と駆出し男』(5月16日公開)の予告編が27日、公開された。

数多くの小説や戯曲を夜に送り出した作家・井上ひさしが晩年11年をかけて紡いだ時代小説『東慶寺花だより』を原案に、『クライマーズ・ハイ』(2008年)、『わが母の記』(2012年)の原田眞人監督が初めて時代劇に挑戦した本作。江戸時代、離婚を望む女性たちが駆込む寺であった東慶寺を舞台に、女と男の愛情や事情と、離縁調停人たちの奮闘を描く。

寺に入る前に聞き取り調査が行われる御用宿・柏屋で、主の源兵衛(樹木希林)とともに女性たちの人生やり直しの手伝いをする駆け出しの医者・信次郎を大泉が演じる。懸命に働いてきたものの、夫に裏切られた女・じょごを女優の戸田恵梨香が、豪商の愛人であるお吟を女優の満島ひかりが演じる。ほかにも、俳優の堤真一、山崎努らが脇を固める。

今回、公開された予告動画では、ナレーションと源兵衛(樹木)の情感こもったせりふで、駆込み寺"東慶寺"と江戸時代の離婚事情がわかりやすく説明される。じょご(戸田)の「世の中にはつらい目におうた女たちがようけおるもんですね」というせりふや、お吟(満島)の切ない涙に、江戸を生きた女性たちの悲哀が忍ばれるが、それに続く「人生は、素敵だ。」というコピーに、希望あふれる映画のラストを期待させる内容になっている。

(C)2015「駆込み女と駆出し男」製作委員会