ワン・ダイレクション(中央がゼイン)

写真拡大

現在ワールドツアーOn the Road Againの真っ只中である英ボーイズグループ、ワン・ダイレクション(以下、1D)。今月25日にメンバーの一人であるゼイン・マリクが脱退を発表した後、4人のメンバーが初めてTwitterにコメントを掲載した。

【関連記事】ワン・ダイレクションのハリー君とミック・ジャガーは似ている!?

25日の夜、インドネシアの首都ジャカルタにて4人でのコンサートを終えた後、ハリー・スタイルズが最初にツイート。「いつもと同じたくさんの愛を。H(ハリー)」とゼインの脱退を悲しむファンにメッセージを送った。この日のコンサートで感情を抑えきれなかったハリーは、パフォーマンスの最中に涙を拭う姿を見せた。米Us Weeklyには観客が撮影したビデオが掲載されている。

ハリーがツイートしてから2時間後、「長くて落ち着かない24時間だった。ようやくベッドに入れてうれしい」とつぶやいたのはリアム・ペイン。ゼイン脱退で1Dが報道されたその日は気持ちの面でも大きな疲れを感じたのかもしれない。

ルイ・トムリンソンとナイル・ホーランはファンに今後の意欲を前向きに伝えるメッセージ。「クレイジーな数日間だった。でも今まで以上に頑張るよ。ファンのみんなに過去最高のアルバムを届けたい」とニューアルバム制作への意気込みをツイートしたのはルイ。ナイルは「みんなは世界で最高のファンだ」とファンに感謝を述べ、「今朝、南アフリカに到着した。初めて南アフリカのファンのみんなに会えるのが待ちきれない」と一行が次のツアー地に到着したことや、今後のコンサートに対する興奮を明かした。

ストレスによる体調不良からツアーを降板した後、1DのFacebookページにて脱退を発表したゼイン。Us Weeklyに対してある情報源は、これが彼にとって難しい決断ではあったが、メンバーのサポートがあったことを明かし、「彼はメンバーにお詫びし、個別に話をしたそうです。」とコメント。そのほか、「彼はほかのメンバーよりもシャイな性格。ストレスを感じ、普通の生活を送りたいと思いました。限界に達したのです」「彼は大きすぎる名声を重荷に感じていました」との証言もあるという。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・ワン・ダイレクションの素顔に迫るドキュメンタリー『ワン・ダイレクション THIS IS US』9月15日(月・祝)18:00より放送!ゼイン・マリクが英人気グループのワン・ダイレクションを脱退 「普通の22歳になりたい」某有名サイトから、ワン・ダイレクションのナイル・ホーランが脱退との偽ツイート! 「脱退の理由」のハッシュタグも話題に