スティーブン・スピルバーグ監督Photo by JB Lacroix/WireImage

写真拡大

スティーブン・スピルバーグ監督がアーネスト・クライン著のSF小説「ゲームウォーズ」の映画化「Ready Player One(原題)」を手がけることになったと、ハリウッド・レポーター誌が報じた。

「ゲームウォーズ」は、オアシスと呼ばれるバーチャル世界を舞台に十代の若者が大富豪の残した莫大な資産を追うという物語で、「X-MEN ファイナル・ディシジョン」「インクレディブル・ハルク」のザック・ペンが脚色を担当している。

スピルバーグ監督は、現在撮影中のロアルド・ダール原作「オ・ヤサシ巨人BFG」の映画化「The BFG(原題)」の次に同作に取りかかる予定で、ワーナーとビレッジ・ロードショーが共同で製作。スピルバーグ監督がワーナー作品を手がけるのは、「A.I.」以来となる。

■関連記事
スピルバーグ監督、クリス・プラット主演のリブート版「インディ・ジョーンズ」に賛意
スピルバーグ監督&ジェニファー・ローレンス、女性戦争写真家の映画で初タッグ
スピルバーグ監督、新作の主演女優に10歳の少女を抜てき
ダンカン・ジョーンズ監督、実写版「ウォークラフト」撮影終了を報告
パックマンが地球を侵略!? 日本発ゲームキャラ満載「ピクセル」日本上陸