ミシェル・ロドリゲス、ポール・ウォーカー

写真拡大

カーアクション映画『ワイルド・スピード』シリーズで大ブレイクし、ハリウッドで大活躍していたポール・ウォーカー。2013年11月、彼が交通事故で急逝してから1年半が経とうとしている。同シリーズでポールと共演し、シリーズ最新作『ワイルド・スピード SKY MISSION(原題:Furious 7)』にも出演しているミシェル・ロドリゲス(『LOST』)が、"ポールの死後、しばらくは平静を保てなかった"と告白していることがわかった。

【関連記事】『ブレイキング・バッド』終盤からアーロン・ポールが挑んだ映画『ニード・フォー・スピード』、DVD発売に伴い、アーロンからメッセージが到着!

米Entertainment Weeklyのインタビューを受けたミシェルが、涙に目を浮かべながらポールの死について胸内を吐露した。「彼が亡くなってから、正直なところお酒に浸ってしまった。平静を保てずにクレイジーになっていたから、私の昨年の行動は正気の状態では絶対にやらないことだったわ」と、ポールを失って大きな打撃を受けたことを明かした。

さらに続けて、「自分が何をやっても"生きている"という実感を得られなかった。だから、その感覚を得るために無茶をするようになって、世界中を旅したりセックスに夢中になった。自分が本当に感じていることを無視しようとしていたのよ。でもある日、生きることに深い敬意を感じながら目覚めたの。"ミシェル、隠れていないで出て来なさい!"って自分で自分を叱咤して、それから突然へこたれずに頑張れるようになったのよ」と、自分自身の力で立ち直ったことを語っている。

ポールの急逝により『Furious 7』の製作続行は難航していたが、4月3日(金)に全米公開が決定。ポールの遺作となる本作で、彼の登場シーンは生前にほとんど撮り終えていたため、彼の実弟コーディーとケイレブをスタントダブルとして起用し、加えて特殊効果を駆使することで完成までこぎ着けている。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・『LOST』ミシェル・ロドリゲス、バイセクシャルであることを告白『LOST』出演者たちのその後の活躍ぶりは?【その1】ザック・エフロンとミシェル・ロドリゲス、ひと夏の恋に終止符を打つ!