■3月特集 アスリートの春 〜卒業、そして新天地へ〜(6)

世界的なトップジョッキーである、フランスのクリストフ・ルメール騎手(35歳)がJRA(日本中央競馬会)の騎手免許を取得。今年から、日本を主戦場とすることになった。競馬先進国フランスで活躍する彼が、なぜ今、日本で戦うことを決断したのか。そして彼は、日本でどんな野望を持っているのか、直撃した――。

――JRAのジョッキーになって、いよいよデビュー、という矢先に騎乗停止の処分を受けました(※)。まずそのことについて、どう受け止めているか、お聞かせください。
※騎乗予定(3月1日)のあった前日、外部との連絡が禁じられている競馬場の騎手調整ルーム内で、携帯電話を使用して外部と通信(ツイッター)していたことが判明。30日間(3月1日〜30日まで)の騎乗停止となった。

「JRAが定める重要なルールを破ってしまったわけですからね、言い訳のしようがありません。完全に僕のミスです。今回はそのことで、多くの関係者の方々に迷惑をかけてしまいました。この場を借りて、改めて謝罪したいと思います。そして、ファンのみなさんの期待を裏切ってしまったことについても、心から謝りたいと思います。この分は、4月からの競馬でがんばって、少しでも(信用を)取り戻していきたい」

――それにしても、競馬の本場、欧州のトップジョッキーであるルメール騎手が、母国フランスの騎手免許を返上してまで、JRAの騎手免許を取得したことについては、本当に驚かされました。やはり、2010年からフランスにおける主戦を務めてきた、アガカーン殿下(世界的な競走馬のオーナー)との契約が切れたことがきっかけになったのでしょうか。

「確かに、アガカーン殿下との契約が切れていなければ、たぶん日本には来ていなかったでしょうね。でも、日本で騎手免許を取得した理由は、それだけではありません。僕は、そもそも日本が好きで、機会があれば、短期免許ではなく、1年を通して日本で騎乗したいと、以前から思っていました。それが、JRAのルール改正で可能になったことも、理由のひとつです。また、僕は今35歳ですが、何か新しいことを始めるには、とてもいい年齢だと思ったんです。そのように、いくつかの要因がタイミングよく重なって、やるなら『今しかない』と思って、『日本に行こう!』と決断しました」

―― ルメール騎手をそこまで惹(ひ)きつけた、日本競馬の魅力とは何でしょう。

「僕だけでなく、短期免許をとって日本で騎乗してきたオリビエ(・ペリエ/フランス)や、クリストフ(・スミヨン/フランス)らも言っていますが、日本の競馬環境は本当に素晴らしいんです。馬のレベルは高いし、施設もいいし、賞金も高い。さらに、熱心なファンがたくさんいます。そうした状況の中で、僕は大きなレースもいくつか勝たせてもらいましたが、そのときの気分も最高でした。あの高揚感には、すごく感激しました。そうやって、短期免許で日本に来る度に日本が好きになっていって、いつの間にか、冬のシーズン(欧州競馬のオフシーズン)が近づいていると、毎年『早く日本に行きたいな』と思うようになっていましたね」

―― ルメール騎手をはじめ、ペリエ騎手やスミヨン騎手など、世界的な騎手の方々が称えるほど、日本の馬のレベルは高いですか。

「スゴイ、デスヨ!! ジャスタウェイは世界一になったじゃないですか。他にも、ドバイや香港では、日本の馬が何度も勝っています。凱旋門賞でも、まだ勝利はありませんが、2着になった馬は何頭もいますよね。それらのことは、自信を持っていいと思います。それに、日本は種牡馬のレベルが高いし、欧米から質のいい牝馬を購入しているため、繁殖牝馬のレベルも高い。それが、競走馬の血統レベルを上げてきて、競馬そのものが、世界のトップレベルにまで上がってきているように感じます」

―― ところで、日本に来ることについて、ご家族から反対されたりしなかったのですか。

「まったく反対されませんでしたよ。僕だけではなく、家族全員(夫人、10歳の長男、7歳の長女)、日本が大好きですから。今年の7月には、家族みんなが日本に引っ越してきて、子どもたちは京都にあるフランス人学校に通うことになっています。ちょうど今、僕は家族で暮らす場所を探し回っている真っ最中です(笑)」

―― 奥様は、日本のどんなところが気に入っているのでしょうか。

「妻は、もともと活動的な女性で、新しい場所で何かを始めたり、探したりすることが好きなんです。あと、日本は安全ですからね。電車に乗ってもそうだし、どこに行っても、何をしていても、危険を感じることがほとんどありません。子どもがふたりいますから、彼女にとっては、それがいちばん大きいみたいですよ」

―― ルメール騎手は、JRAの試験では、日本語を覚えるのに相当苦労したようですね。

「(日本語は)難しいですね。でも、競馬紙は読めますよ(笑)。馬の名前とジョッキーの名前、それに調教師の名前と、全部わかります」

―― 短期免許を初めて取得したのが、2002年。日本で騎乗するようになって、今年で14年目となりますが、これまで乗った馬の中で、最も印象に残っているのは、どの馬ですか。

「まず、僕に日本のGIを初めて勝たせてくれたハーツクライ(2005年有馬記念優勝。ディープインパクトを撃破)。それに、ウオッカ(2009年ジャパンカップ優勝)とカネヒキリ(2008年ジャパンカップダート優勝)。この3頭は強かったし、僕のこれまでのジョッキー人生の中でも、トップ5に入る、すごい馬たちです」

―― ルメール騎手は騎乗の際、いつも心掛けていることはありますか。

「競馬は勝つことが大事ですから、いつも"勝ちたい"という強い気持ちを持って騎乗しています。だからといって、ただ勝てばいい、というものではありません。というのも、競走馬というのは、ほとんどの場合、目の前のレースだけでなく、そのあとにもレースが控えているからです。そこで大事なのは、常にその馬の次のレースのことを考えてあげること。必要以上に無理をさせないとか、次のレースにつなげるためにはどう乗るべきかなど、いつも先のことを考えながら乗るようにしています。強い馬、将来有望な馬に乗るときは、特にそうしたことを心掛けています」

―― 日本の競馬において、絶対に勝ちたい、というレースはありますか。

「日本ダービー(東京・芝2400m)、ですね。ダービーは、どの国でもいちばん重要なレースであり、最も注目されるレース。やはり日本でジョッキーになった以上は、いつか日本ダービーを勝ちたい」

―― 母国で開催される世界最高峰のレース、凱旋門賞(フランス・芝2400m)を日本の馬で勝ちたい、という夢もあるとうかがっています。その可能性は、どのくらいあると考えていますか?

「これまでも、日本の馬が(凱旋門賞で)勝つチャンスは何度かありましたが、どれもアンラッキーでした。特に惜しかったのが、エルコンドルパサー(1999年/2着)。凱旋門賞の前に、エルコンドルパサーがGIサンクルー大賞典(フランス・芝2400m)を勝ったときは、『なんて強い馬なんだ』って思いましたからね。ただ、この年の凱旋門賞には、モンジュー(アイルランド)がいました。モンジューと言えば、フランスでデビューして、フランスダービー(ジョッケクルブ賞)、アイルランドダービーを制した、ヨーロッパの"スーパーホース""スーパーチャンピオン"です。これは、相手が悪かったと思います。あのとき、3着以下は5、6馬身離されていました。もしモンジューがいなければ、エルコンドルパサーの楽勝だったと思います。

 凱旋門賞は、確かに勝つのが難しいレースです。ポイントは、ロンシャン競馬場の馬場をこなせるかどうか。それさえ克服できれば、日本の馬にもチャンスはあります。それで、もし勝つことができれば、まさしく新たな歴史を切り開くことができるじゃないですか。僕は、日本の馬で、そういうすごいことをやってみたいんです」

―― さて、予定よりも1カ月遅れになってしまいましたが、4月からはいよいよJRAジョッキーとして"デビュー"します。最後に、抱負をお聞かせください。

「これまで、日本の春のクラシックには乗ったことがなかったので、そこで、ひとつでもGIを勝つ、というのが当面の目標です。それと、ファンのみなさんがワクワクするようなレースをお見せしたいですね。いちばんの目標は、それです。何にしても、出遅れを挽回するためにも、最初から結果を出せるようにがんばります」

―― ご活躍を期待しています。

【プロフィール】
■クリストフ・ルメール
1979年5月20日生まれ。フランス出身。フランス競馬のトップジョッキーとして活躍。世界中で数々のGIを獲得してきた。日本でも短期免許を取得して高い手腕を発揮。これまでに重賞18勝(うちGI5勝)を挙げている。JRA通算245勝(3月24日現在)。

新山藍朗●取材・文 text by Niiyama Airo