2015年クラシック候補たち
■第7回:アンビシャス

 牡馬クラシックの第1弾となるGI皐月賞(4月19日/中山・芝2000m)。上位入線馬に優先出走権が与えられる「トライアルレース」は終了したが、この舞台への"出場切符"をかけた戦いはまだ終わっていない。3月28日に行なわれるGIII毎日杯(阪神・芝1800m)で勝てば、たとえ1勝馬でも出走条件を満たす賞金が加算されるため、皐月賞への出走がかなうのである。

 栗東トレーニングセンター(滋賀県)の音無秀孝厩舎に所属するアンビシャス(牡3歳/父ディープインパクト)も、"最終便"となる毎日杯からの皐月賞参戦を狙う一頭だ。

 昨年11月にデビューしたアンビシャスは、芝1600mのレースを使って2連勝。いずれも好位からの危なげないレース運びで勝利した。その後、同馬は休養を挟むと、GIII共同通信杯(2月15日/東京・芝1800m)へと駒を進めた。

 共同通信杯は、昨年の皐月賞馬イスラボニータ(牡4歳)や、2012年の二冠馬(皐月賞、菊花賞)であるゴールドシップ(牡6歳)が勝利したレース。いわば、クラシックと関わりの深い舞台だ。今年も例に漏れず、ドゥラメンテ(牡3歳/父キングカメハメハ)やリアルスティール(牡3歳/父ディープインパクト)といった、前評判の高い素質馬が集まった。

 レースがスタートすると、アンビシャスは3番手をキープ。そのまま直線に入り、力強く先頭に立った。過去2戦と同じ、正攻法の競馬。しかし、直線半ばからはリアルスティールとドゥラメンテがそれを上回る伸びを見せ、最後はリアルスティールが抜け出して優勝。アンビシャスは最後まで上位2頭に食い下がったが、3着に敗れてしまった。

 アンビシャスにとって、初黒星となった共同通信杯。だがこのレースぶりを見て、厩舎スタッフは皐月賞への手応えを感じたという。関西競馬専門紙のトラックマンが語る。

「陣営は、共同通信杯を振り返って、『上位2頭は確かに強かったけれど、アンビシャスも横綱相撲で質の高いレースを見せた』と好感触でしたね。直線で後ろから来た2頭にかわされる形となりましたが、目標とする皐月賞は、直線の短い中山競馬場が舞台。それだけに、『アンビシャスは前目のポジションで運べる分、皐月賞ではチャンスがある』と楽しみにしている様子です。だからこそ、何としても毎日杯を勝って、皐月賞出走のために賞金を加算したいと考えているようですね」

 アンビシャスの強みとして陣営が挙げるのは、「レースのうまさ」。好スタートから先行でき、騎手の指示にきちんと反応する。折り合い面にも不安がなく、何らレース運びに注文がつかないタイプだ。小回りでタイトな中山競馬場なら、その強みを最大限に生かせると見ている。

 とはいえ、今年は例年以上に賞金を獲得している馬が多く、皐月賞に出走するためのボーダーラインは高い。アンビシャスにとっては、勝利が絶対条件となる(※)。それでも先述のトラックマンは、「陣営は自信を持っている」という。
※賞金による出走条件のボーダーラインが低い年であれば、2着でも皐月賞に出走できることもある。

「デビューからいい状態を維持していて、とにかく『体調面には不安がない』とのこと。距離も1800mがベストと見ているようで、『毎日杯で大崩れするシーンは考えられない』と言っています。もちろん相手関係もありますが、毎日杯には万全の態勢で送り出せるのではないでしょうか」

 管理する音無調教師は、アンビシャスについて「あまり距離が伸びるとよくなさそう」と見ているという。となれば、大目標に据えるのは、日本ダービー(5月31日/東京・芝2400m)ではなく皐月賞。その舞台に向かうためにも、毎日杯には抜かりない仕上げでくるのは間違いない。

 スタッフたちが共同通信杯で感じた、確かな手応え。アンビシャスはその期待に応えることができるのか。毎日杯での走りが栄光への分岐点となる。

河合力●文 text by Kawai Chikara