『パカパカファーム』成功の舞台裏
連載●第47回

 パカパカファーム代表のハリー・スウィーニィ氏は、自身が感銘を受けた日本競馬界のさらなる発展を心から願っている。そこで今回は、日本の牧場が抱える問題点を指摘し、牧場を取り巻く環境がよりよくなっていくための提案をしてもらった――。

 2001年の開場から、わずか11年でダービー馬を輩出するなど、これまで"順風満帆"な道を歩んできたように見えるパカパカファームだが、決してそんなことはない。苦難も多く、なかには「かなり厳しい時期もあった」という。あるスタッフが語る。

「パカパカファームにとって、一番きつかった時期は、2006年〜2008年の頃。なぜかというと、そのとき生まれた仔馬の半分以上が牝馬だったからです。牝馬は、牡馬に比べて取引価格が安くなってしまいますから、あのときは本当に大変でしたね」

 サラブレッドの生産牧場にとって、生まれてくる仔馬の性別は重要な問題となる。ウオッカやジェンティルドンナなど、近年では牡馬と互角以上に渡り合う牝馬が立て続けに登場しているものの、総合力で勝るのは、やはり牡馬。日本ダービーなどビッグレースでの勝利を望む、一般的な馬主が求めるのは、どうしてもオスの仔馬が多くなるからだ。

 とすれば、買い手が多い牡馬のほうが、牝馬よりも高額で取引されるようになる。逆に牝馬は、必然的に価格が安くなったり、あるいは、売れにくくなったりする。こういった仔馬の性別による価格の差は、当然、牧場の収入に大きく関わってくることになる。

 パカパカファームの代表を務めるハリー・スウィーニィ氏も、この問題について、「度々、頭を悩ませてきた」という。

「牡馬のほうに買い手が集まるのは仕方がないこと。ただ、私の感覚的なものですが、特に日本は"牝馬を売りにくい環境"にあると思います。セリに出しても、牝馬というだけで買ってもらえないケースがとても多いですし、同じ血統でも、牝馬は牡馬の半分ほどの価格になってしまいますからね。なかでも、私たち日高地方の生産馬は、その傾向がより顕著に出ているような気がします」

 生まれてくる仔馬の性別は、人間の力が及ばない領域である。牡馬が生まれるかどうかは、「運」としか言いようがない。しかし、それによって生じる利益の差が、牧場にとっては大きなダメージとなる。

 前述のスタッフは、2006年〜2008年の出産シーズンを振り返って、当時の牧場の様子をこう語った。

「2006年〜2008年は、生まれてきた仔馬が牝馬だと聞く度に、牧場のムードがどうしても暗くなっていきました。立て続けに牝馬が生まれて、私たちスタッフもついショックを受けてしまったんですね。私たちはどの馬に対しても同じように接しなければいけないのに......」

 パカパカファームでは、そのときからスタッフの間で意識改革を図り、仔馬の性別によって落ち込むことはなくなったという。が、仔馬の性別による利益差の問題は、相変わらず多くの牧場が抱えている。それゆえ、「牧場のオーナーとして、性別による仔馬の価格差をもう少し小さくしたい」と考えるスウィーニィ氏は、それを実現するためのアイデアを、声を大にして語る。

「(海外に比べて)日本は、牝馬だけのレースがちょっと少ないと思います。それも、牝馬限定の重賞レースが少ないですよね。そこで考えたのは、牝馬限定の重賞レースをもっと増やすべきではないか、ということ。そうすれば、牝馬が活躍できるチャンスが自然と増して、今よりも牝馬を購入しようという、馬主さんが増えていくと思うんです」

 もちろん、レースのプログラムはいろいろな要素を考慮して作られたものであって、簡単に変えることはできない。スウィーニィ氏もその点はよくわかっていて、「あくまでも、生産牧場としての一方的な提案です」と付け加えたが、牝馬限定の重賞レースを増やすことで、「牝馬の活躍機会を増やし、(牝馬の)地位を向上させてほしい」という思いは強い。

 さらにスウィーニィ氏は、牝馬の価値を上げるために、馬主に対する新たなルール作りを提案した。

「例えば、JRAの馬主になった場合、『所有する牡馬と牝馬の割合を半々にしなければいけない』というルールを設けるのはどうでしょう? そうすれば、牝馬も買ってもらいやすくなるはずです。もちろんこれも、簡単には実現できないのはわかっていますよ(笑)。ただ、牝馬が売れないのは、牧場として切実な問題。だからこそ、我々はいろいろなアイデアを提案しなければいけないと思いますし、今後も牝馬の価値向上のために、何かしら考えていかなければいけないと思っています」

 本人も語るとおり、今回スウィーニィ氏が掲げたアイデアは、現状では実現が困難だ。しかしそれを承知で、彼はこれらの提案を真剣に訴えていた。日本の牧場にとって、牝馬の価値の低さは、それほど大きな問題なのである。牧場経営に大きく関わるからこそ、競馬界全体で問題意識を高める必要があるかもしれない。

 スウィーニィ氏は、牧場の経営者として「他にも提言したいことがある」という。次回は、それらについて紹介していく。

(つづく)
 
ハリー・スウィーニィ
1961年、アイルランド生まれ。獣医師としてヨーロッパの牧場や厩舎で働くと、1990年に来日。『大樹ファーム』の場長、『待兼牧場』の総支配人を歴任。その後、2001年に『パカパカファーム』を設立。2012年には生産馬のディープブリランテが日本ダービーを制した。

河合力●文 text by Kawai Chikara