ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 3月半ばを過ぎて、暖かい日が多くなってきました。この週末には全国各地で桜も開花し始めるそうで、いよいよクラシックの開幕も間近に迫ってきたな、という感じがしますね。

 今週末は、皐月賞(4月19日/中山・芝2000m)のトライアル戦が東西で開催されます。3月21日に阪神競馬場で若葉S(芝2000m)が、3月22日には中山競馬場でスプリングS(芝1800m)が行なわれます。どちらも楽しみですが、ここではスプリングSを取り上げたいと思います。

 フルゲートに満たない少頭数(12頭)のレースになったスプリングSですが、このあとの皐月賞、日本ダービー(5月31日/東京・芝2400m)といった大舞台でも勝負になりそうな精鋭がそろいました。見応えのあるハイレベルな一戦になるのは間違いないでしょう。

 まず注目すべきは、なんと言っても、朝日杯フューチュリティS(以下、朝日杯FS。2014年12月21日/阪神・芝1600m)を制して、昨年の最優秀2歳牡馬に輝いたダノンプラチナ(牡3歳)です。朝日杯FS以来の復帰初戦で、どんな競馬を見せるか、どれだけ成長した姿を披露してくれるのか、必見です。

 デビュー戦こそ、小回りの札幌コースに泣いて2着に敗れましたが、その後は他を圧倒するレースぶりで3連勝。GI朝日杯FSの舞台でも、不利を受けないように大外を回りながらも、直線で豪快な伸び脚を見せて突き抜けました。ゴール前では、鞍上の蛯名正義騎手が後ろを見るほどの余裕がありましたね。まさに父ディープインパクト譲りの豪脚で、世代を代表する強さを見せたレースだったと思います。

 その後、ダノンプラチナは放牧に出され、今回は3カ月ぶりのレースとなりますが、休み明けの不安よりも、その間の成長ぶりを見る楽しみのほうが大きいです。少しテンションが高いところがあって、初めての距離、初めてのコースといった課題はあるものの、そのテンションの高さを我慢させることで、持ち味となる爆発力も生み出せます。やや折り合い面に難しさはあっても、めちゃくちゃかかるタイプではないと思いますし、ここでも強い競馬を見せてほしいですね。

 また、鞍上の蛯名騎手が、悲願の日本ダービー制覇へ向けて、いい手応えをつかんでくれることを期待しています。

 悲願の日本ダービー制覇と言えば、福永祐一騎手もその期待を背負うひとりです。初めて臨んだダービー(1998年)では、2番人気のキングヘイローに騎乗しながら14着と惨敗。そんな苦い経験から始まりましたが、1番人気のワールドエースで挑んだ2012年(4着)、エピファネイアで惜しくも敗れた一昨年(2着)と、勝利まであと一歩まで来ていて、もういつ勝ってもおかしくないだけの経験を積んでいます。

 そして、今年も大きなチャンスを迎えています。おそらくパートナーとなるのは、今回手綱をとるリアルスティール(牡3歳)でしょう。

 3馬身半差で完勝したデビュー戦もインパクトがありましたが、何より圧巻だったのは、2戦目の共同通信杯(2月15日/東京・芝1800m)。通常、わずか1戦のキャリアの馬にとって、東京までの長距離輸送をこなし、しかも重賞に挑戦することは、かなり高いハードルとなります。にもかかわらず、リアルスティールはスムーズな競馬を見せて快勝。それも、クラシック候補のドゥラメンテ(牡3歳)を退けての勝利には驚かされました。

 その走りは、まさに同馬の潜在能力の高さを証明するもので、福永騎手自身、今年は相当ダービーを意識しているのではないでしょうか。

 すでにクラシック出走への賞金を得ているため、あくまでも今回は、その大舞台に向けて"経験を積む"というのが目的だと思いますが、リアルスティールならば、初の中山という課題も苦にせず、結果を出せるのではないでしょうか。それだけの器の持ち主だと思います。

 ダノンプラチナとリアルスティール。有力2頭がどんな競馬を見せてくれるのか、本当に楽しみでなりません。

 この2頭以外にも、京成杯(1月18日/中山・芝2000m)1着のベルーフ(牡3歳)に、2着のブラックバゴ(牡3歳)、新潟2歳S(2014年8月31日/新潟・芝1600m)の覇者ミュゼスルタン(牡3歳)など、重賞実績のある好メンバーがそろいましたね。そんな層の厚いレースですが、一発を期待したい馬がいます。今回の「ヒモ穴馬」に取り上げる、フォワードカフェ(牡3歳)です。

 フォワードカフェはもともと、デビュー当時から期待の高かった素質馬です。ただ、3歳秋になってから活躍し始めたマンハッタンカフェの産駒だからか、2歳の間は馬体の緩さが感じられました。その分、デビュー戦を勝ってからは足踏みしていましたが、年が明けて2戦を消化すると、「何か雰囲気が変わってきたな」という印象を受けました。

 そして、迎えた前走の水仙賞(2月28日/中山・芝2200m)。好位からの競馬で、終(しま)いもしっかりと伸びて快勝しました。馬体の緩さが、解消されつつあるようです。

 こうなってくれば、成長曲線がグンッと上向くのがこのタイプです。今回、相手は一気に強化されますが、いい勝負ができる可能性は十分にあります。

 ちなみに、フォワードカフェを管理する小島太厩舎は先週の3月14日、GIII中日新聞杯(中京・芝2000m)をディサイファ(牡6歳)で制覇。アネモネS(中山・芝1600m)ではメイショウメイゲツ(牝3歳)が2着に入って桜花賞の出走権利を獲得しました。さらに3歳牡馬のストレンジクォークが2勝目を上げるなど、厩舎に勢いがあります。フォワードカフェへの期待が膨らみます。