美少女子役・吉田里琴が可愛すぎるとネット上で話題に 「久々の逸材」「正しい進化」

写真拡大

最近では、いわゆる「アイドル」のほか、ドラマやCMなどを中心に活躍している子役などにも、アイドル的な人気を持つ者も少なくないが、そうした中、かねてより名子役として注目を集め、その後、着実にキャリアを積み重ねている吉田里琴(15)が、現在、アイドルファンの間で話題となっている。

わずか3歳で芸能界入りし、5歳にして爽健美茶のCMで子役デビューを果たした彼女は、その後、『ホタルノヒカリ』(日本テレビ系/2007年)、『メイちゃんの執事』(フジテレビ系/2009年)、『坂の上の雲』(NHK/2009年)、『あまちゃん 』(NHK/2013年)、『ラスト・ドクター〜監察医アキタの検死報告〜』(テレビ東京/2015年)と数多くの人気作に相次いで出演。
今年も1月からのドラマ『美しき罠〜残花繚乱〜』(TBS)系に出演するなど、かなりの本数に出演しているが、そうした彼女について、近頃、ネット上のアイドルファンからは「順調に育ってますなー」「マジで美人になってるやん!」「楽しみやな」「春から高校生か...すばらしい」「このまま行ってほしいなあ」「久々の逸材やしね。そろそろ見つかってしまいそうだな」「正しい進化の過程が楽しめるレアケース」と、その順調すぎるほどに順調な成長ぶりに、多くの驚きと賞賛の声が巻き起こっている。







この春、無事に中学を卒業し、新学期からは高校生としてまた新たな第一歩を踏み出す彼女。日毎にオトナの女性へと近づいていく彼女の姿に、これからも多くのファンが魅了され続けそうな気配だ。

文・久保田太陽

■参照リンク
吉田里琴