応援団としてイベントに参加した「ダチョウ倶楽部」の3人

写真拡大

鳥山明氏原作の劇場アニメ最新作「ドラゴンボールZ 復活の『F』」のスペシャルイベントが3月21日、東京・江東区の東京ビッグサイトで開催中の展示会「AnimeJapan 2015」内のGREENステージで行われ、野沢雅子(孫悟空・孫悟飯役)、中尾隆聖(フリーザ役)、堀川りょう(ベジータ役)、佐藤正治(亀仙人役)、古川登志夫(ピッコロ役)といった声優陣が出席。イベントは“天下一ファンミーティング”と銘打たれており、応援団に就任したお笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」の肥後克広、寺門ジモン、上島竜兵も登壇した。

ダチョウ倶楽部の3人は、作品の魅力を「鳥山先生が考えているギャグをパクりたい」(肥後)、「男の強さ、どんどん強さを求めていって、経験、愛、仲間の力を合わせるとかいろんなテーマで勉強できるのが良かった」(寺門)と力説。さらに、上島が今作で復活する悪の帝王・フリーザと決闘することになり、「く・る・り・ん・パ!」と、おなじみギャグに絡めた必殺技を披露。しかしフリーザは涼しい顔で、不発に終わった上島は「おまえ、絡みづらいな!」と捨てセリフを吐いて笑いを誘った。

鳥山氏が自ら手がけた今作の脚本について問われると、野沢は「悟空と一体になっているから、次のページはこうなるなと思っていたら、え、こう来るのかと。さすが鳥山先生という、意外なところが多々あります」と説明。中尾も「フリーザの『F』でもありますが、応援してくださるファンの『F』なんじゃないかと思います」とニッコリ。一方の堀川は、テレビシリーズを振り返り「(ベジータは)泣きながら『カカロット、仇をとってくれ』と言ってフリーザに殺されるんです。フリーザ様に登場いただき、リベンジということで楽しませていただきました」と明かし、ファンの期待をあおっていた。

また壇上では、キャスト陣が今作に登場するセリフを生披露し、会場に詰めかけた1000人のファンを喜ばせた。「ドラゴンボールZ 復活の『F』」は、シリーズ屈指の人気キャラであるフリーザが復活し、悟空らZ戦士と新たな死闘を繰り広げる。4月18日から公開。

■関連記事
「ドラゴンボール」野沢雅子、嫌いなキャラはフリーザ様!?
ももクロ、劇場版「ドラゴンボール」ゲスト声優に決定! 地獄の天使に
フリーザの復活描く「ドラゴンボールZ」最新作、邦画史上初IMAX3D上映が決定!
「ドラゴンボールZ」主題歌は「ももいろクローバーZ」!「Z」つながりで実現
光宗薫、ダチョウ上島とあわやキス!? 寺門「本当にブラックリスト入りするからな!」