学生の窓口編集部

写真拡大

あなたの健康状態は身体のあちこちに現れて自分でも把握することが出来ます。MindBOdyGreenが紹介するのは舌の状態が伝えているあなたの健康状態です。

毎朝、歯を磨くときやシャワーの前後など鏡を見る機会があるときは舌を出してみましょう。

舌は内臓への入り口。身体のなかで起こっていることを映し出しているのです。3つほど特徴的な状態をお伝えしましょう。

あなたの舌の先端は心臓の状態を示します。ピンク色なら問題無し。でも、ちょっと赤みが強いようなら、熱がこもっている状態かも。それは、不眠症、神経過敏、動機、不安などの兆候とつながります。意識的にリラックス出来る環境を作りましょう。

なんだか舌に厚みがあるようなら、消化器官が弱っているサインかも。消化を促すハーブやスパイスを積極的に食べてください。又、風邪を引きやすくなっているかもしれないので注意してください。

舌のふちに歯型がついているようなら、身体に余分が水かたまっていることを伝えています。ほっておくと冷えがすすむことが多いので注意しましょう。

舌のチェックは食後にしても正しい情報は読み取れません。朝起きてすぐや食前に、チェックは15秒以内で行いましょう。毎日の習慣にすると早めに自分の身体の変化に気がつけるようになります。

参考サイト:
How To Read Your Tongue For 3 Key Signs Of Health
http://www.mindbodygreen.com/0-17879/how-to-read-your-tongue-for-3-key-signs-of-health.html