和気あいあいとした雰囲気を醸し出した初日挨拶

写真拡大

若手注目俳優の小関裕太と黒島結菜がダブル主演する映画「あしたになれば。」が3月21日、全国6スクリーンで公開初日を迎え、小関、黒島、葉山奨之、小川光樹、山形匠、富山えり子、三原光尋監督、主題歌を担当した奥華子が舞台挨拶に登壇した。

大阪府南東部(南河内地区)を舞台に、男子校に通う4人と女子高生2人が、ひょんなことから出会ったことで恋や友情に悩み、成長する姿を描いた青春物語。主演の小関は、「最近あるような“壁ドン”とか(笑)、近代的な青春映画っていうよりも、どこか懐かしい、温かくなるような青春映画。特に男性にはドキドキしてほしい」と笑いを交えて作品をアピールした。

三原監督が「全国の男子校で悶々としている人たちに捧げたいと思って、エールを送る映画を作りました」というように、小関らが演じる男子高校生がリアルに描かれる今作。小関が「すっごい仲良かったです。みんな常に一緒にいました」と話すと、黒島が「みんなで焼き肉を食べに行ったのが楽しかった。ご飯食べて、散歩して」と、キャスト陣も映画さながらの“青春”を満喫していたと明かした。

また小川が、「1人ずつ部屋があったのに、みんな僕の部屋に集っていた。そのまま寝て帰ったり」と裏話を明かすと、小関も「初日から集っていたね(笑)」と懐かしんだ。一方、クランクイン前日から黒島と現地入りした富山は、「撮影が夏だったので蚊がすごくて、一晩で20カ所くらい刺された。朝起きて黒島ちゃんに『蚊すごかったよね』と言ったら、黒島ちゃん全然刺されていなかった(笑)」と苦笑い。「私が体を張って蚊取り線香になって、ヒロインのお肌を守りました」と胸を張ると、会場からは笑いと拍手が沸き起こっていた。

■関連記事
小関裕太×黒島結菜W主演!大阪・南河内が舞台の「あしたになれば。」
黒島結菜「ストレイヤーズ・クロニクル」で異能者たちの希望の存在・碧に
人気モデル・坂口健太郎&成長株・黒島結菜「at Home」で竹野内&松雪と家族役
岡田将生が初挑戦したアクションシーンも!「ストレイヤーズ・クロニクル」特報公開
【作品情報】「あしたになれば。」