殺せんせーの声は、二宮和也だった!

写真拡大

松井優征の人気コミックを、Hey! Say! JUMPの山田涼介主演で実写映画化した『映画 暗殺教室』の初日舞台挨拶が、3月21日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催。山田、椎名桔平、菅田将暉、山本舞香、知英、羽住英一郎監督が登壇した。

【写真を見る】山本舞香は春らしいワンピースで美脚を披露

この日、「殺せんせー」の声の正体が二宮和也だと発表され、本人がサプライズ登場すると会場は大興奮。舞台挨拶の模様は、全国114スクリーンで生中継された。

地球を破壊する力を持ちながら、中学校の教師となった謎の生物・殺せんせーと、政府からその暗殺を依頼された中学生たちの攻防を描く本作。まず「ヌルフフフフ」と笑いながら殺せんせーが現れた後、二宮が舞台脇から登壇した。山田は「え!?事務所から何も言われてないけど」と戸惑いを隠せない様子。

二宮は「いつもどおりにやっておかなきゃいけないと言われてましたから」と、してやったり顔をした。先日、番組で共演した椎名も「この間、何も言ってなかったじゃん」とブーイングすると、二宮は「嵐の人たちは知っていました」といたずらっぽい笑顔を見せた。

山田は「親と口論があったんです。『この声、二宮くんじゃないの?』と言われたけど、『いや、絶対違うから』と。親に謝らないとダメじゃないですか」と苦笑い。二宮は「映画を撮り終わった秋くらいにようやく話が来て。でも、絶対ばれちゃいけないと言われてたんです」とコメント。

二宮は後輩の山田の演技について「素晴らしいですよ。ドラマも何本も出てますし。でも、おめでたいことだから、(自分が)あまり悪目立ちしないようにしようとしていました」と告白。

会場に向かって「やくなよ!」と訴え、笑いを取った。山田は「本当にサプライズで、頭の整理がついてないけど、こういう形で先輩と共演できたのはうれしいです。(殺せんせー役は、二宮に)ぴったりでした」と喜びを口にした。【取材・文/山崎伸子】