殺せんせーの声は二宮和也!

写真拡大

「Hey! Say! JUMP」の山田涼介が映画初主演を飾った「映画 暗殺教室」が3月21日、全国313スクリーンで封切られた。東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズでの舞台挨拶では、これまでキャストにも隠されていた人気キャラクター「殺せんせー」の声を、「嵐」の二宮和也が務めていることが発表。二宮がサプライズ登場すると、この日登壇した山田らキャスト陣は驚がくの表情を浮かべ、観客からも大歓声が沸き起こった。

事務所の後輩で主演の山田にも隠し通していた二宮は、「秋くらいですか、皆さんが撮り終わったくらいに話が来て、(それから)絶対ばれちゃいけないんです。えー、いつ出るんだろうと思っていました」とニッコリ。山田は「事務所から何にも言われてないんですけど! 結構会っていましたけど、挨拶とかサラッとしていましたよ」とぼやき節で、「両親に『殺せんせーの声、二宮くんじゃないの』といわれ、『絶対違うから、おれ何も聞いていないし』とやり合った。すみません、お父さんお母さん、嘘ついていたわけじゃないんです」と明かし会場の笑いをさらった。

さらに二宮は、山田が映画初主演を果たしたことに対して「初主演はおめでたいことですから、(自分が)悪目立ちしないようにしようと思っていました。すみません、初日に出てきちゃって」とねぎらった。山田は「サプライズなので頭の整理がついていないです。でもうれしいです、こういう形ですが先輩と共演できて」と感激の面持ちを浮かべていた。

またこの日は山田と二宮のほか、共演の菅田将暉、山本舞香、知英、椎名桔平、羽住英一郎監督が出席。舞台挨拶の模様は、全国114スクリーンの劇場で生中継された。映画は、累計発行部数1350万部を誇る松井優征氏による人気コミックを実写化。名門・椚ヶ丘中学校の落ちこぼれクラス3年E組の生徒たちが、地球の破壊を予告し担任となったタコ型の超生物・殺せんせーの暗殺に挑む姿を描く。

■関連記事
「暗殺教室」主演・山田涼介の姿に女子学生600人が大歓声!
山田涼介、橋本環奈に「お会いしたいと思っていた」発言にファン1500人悲鳴
山田涼介「暗殺教室」主役抜てきに「悩んだ時期もあった」と告白
山田涼介&羽住英一郎監督「暗殺教室」早くもシリーズ化を熱望
Hey! Say! JUMP山田涼介、実写版「暗殺教室」で映画初主演!