ジェイソン・モモア

写真拡大

映画『マン・オブ・スティール』の続編となる『Batman v Superman: Dawn of Justice』で、DCコミックのスーパーヒーロー、アクアマン役を演じることが決定したジェイソン・モモア(『ゲーム・オブ・スローンズ』)。2018年には、アクアマンが主役の映画で主演することも決まっているジェイソンが、DCコミックファンに"Marvelをけなしたサイン"をしたと報じられている。

【関連記事】必見!『ゲーム・オブ・スローンズ』第三章ブルーレイ&DVDリリース記念! GOTの「イイ男大特選」

米E!Onlineによると、3月13日から15日にかけてインディアナ州インディアナポリスで開催されたイベント「Indiana Comic-Con」に参加していたジェイソン。イベントでファンのサインに応じた彼が、ファンの一人に「DCコミックを嫌う人たちに、DCファンになるべき理由を書いてもらえますか?」と、頼まれたとのこと。するとジェイソンは、小さく"Fxxk Marvel(Marvelなんてクソ食らえ)"とサインしたのだが、これがMarvelファンの怒りを買うことになりそうなのだ。同サイトが、問題のサインの文字と他のジェイソンのサインを比較したところ、間違いなく彼の筆跡のようだと伝えている。

ジェイソンがアクアマンとして出演する『Batman v Superman: Dawn of Justice』は、全米で2016年3月25日(金)に公開予定。また、同じくアクアマン役で登場する映画『The Justice League Part One』は、2017年11月17日(金)に全米公開が予定されている。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・『ゲーム・オブ・スローンズ』ジェイソン・モモア、カール・ドロゴ役のオーディションテープが話題に!『Batman v Superman: Dawn of Justice』ベン・アフレックとヘンリー・カヴィル、コミコンに登場!必見!『ゲーム・オブ・スローンズ』第三章ブルーレイ&DVDリリース記念! GOTの「イイ男大特選」