「ぼくのエリ 200歳の少女」の一場面(C) EFTI_Hoyte van Hoytema

写真拡大

スウェーデン映画「ぼくのエリ 200歳の少女」が、アメリカでTVドラマ化されることになったとハリウッドレポーター誌が報じた。

2008年公開(日本では10年)の同作は、ベストセラー「モールス」の映画化。いじめられっ子の少年とバンパイアの少女の恋愛が描かれており、その後、ハリウッドリメイク版「モールス」が公開されている。現在、米ケーブル局A&Eは同作のドラマ化権をめぐり、米有料チャンネルSHOWTIMEと争奪戦の末に獲得。米MTVで放送中の「ティーン・ウルフ」を手がけているジェフ・デイビスとブランドン・ボイスがパイロット版の脚本を執筆することになる。

A&Eは、ドラマの再放送やリアリティ番組を手がけていたが、アルフレッド・ヒッチコック監督の傑作「サイコ」を下敷きにした「ベイツ・モーテル」をきっかけに、オリジナルドラマ制作に進出。他にはフランスのゾンビドラマのリメイク「The Returned」を放送している。

■関連記事
【作品情報】映画「ぼくのエリ 200歳の少女」
ラファエロの絵画に影響を受けたホラー「ぼくのエリ 200歳の少女」
英誌が選ぶ「主役を食った映画のなかの猫ベスト10」
英誌選出「映画史上最高の女性キャラクター100人」
米タイム誌が選ぶ「寒そうな映画」ベスト10