第2子が欲しくて頑張っているカニエ&キム(画像はinstagram.com/kimkardashianより)

写真拡大

2013年に長女を出産し、翌年にはカニエ・ウェスト(37)の妻になった人気リアリティスターのキム・カーダシアン(34)。彼女は今、第2子を望み子作りに励んでいるというが、なかなか妊娠には至らず相当に焦っている。そんなキムに、医師が思いもよらぬアドバイスをした。

「ここ最近、妊娠したくて日に500回もセックスする生活なの。」

そんな発言が話題のキム・カーダシアンに、担当医は“ある忠告”をしたらしい。キムはその日の診察を振り返り、このように語っている。

「お医者さんに、こう言われてしまったわ。私はセックスしすぎなんだって。」
「こうも言われたの。『1回のセックスの方が、より強力なんですよ』って…。」

そんな中「どうして妊娠しないの?」と苦悩するキムは、困惑した様子で『E!News』にこう明かした。

「妊娠を望む時に“避けるべきこと”のリストがあって、8〜10か月もの間、完璧にそれを守ったわ。なのに妊娠しないなんて、理解できない。」

そこでキムは、今度は逆にルールを破ってみることにしたという。

「したいことを何だってするわ。髪をプラチナブロンドに染めたりね。誤ったことをして妊娠できたら儲けもの。完全に戦術を変えてやるわ!」
「もうトライしすぎたりしない。考え込んだりもしないわよ〜っ!」

キムのハチャメチャな“妊娠作戦”は、果たして功を奏するのか。

※画像は、『Instagram kimkardashian』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)