『スリーピー・ホロウ』

写真拡大

シーズン更新が待たれていた人気超常現象ドラマ『スリーピー・ホロウ』。このたび放送局の米FOXは18エピソードから成るシーズン3の製作を発表した。米Varietyが伝えている。

【関連記事】LAスクリーニングドラマ紹介『スリーピー・ホロウ』

シーズン1では高視聴率を獲得した本作だが、シーズン2で低迷したことにより、ショーランナーのマーク・ゴフマンが番組を降板。そして今月初めに『ザ・グレイズ 〜フロリダ殺人事件簿』クリエイターとして知られるクリフトン・キャンベルが本作の新ショーランナーとして製作会社の米CBSテレビジョンスタジオと専属契約を結ぶに至った。

米FOXエンターテイメント社長のデヴィッド・マッデンは、「『スリーピー・ホロウ』は実に創意に富んだ番組です。すばらしいキャストらを率いた才能ある製作陣が、視聴者を魅了する力強いストーリーテリングで、"歴史"をよみがえらせるファンタジーにあふれた世界を創造してきました」と本作の魅力を強調。

続けてマッデンは、新ショーランナーのキャンベルについて、「(米FOXテレビジョンスタジオで製作された)『ザ・グレイズ』と『ホワイトカラー』で彼と仕事ができて光栄でした。彼はすばらしいプロデューサーです」と触れ、「このチームがシーズン3でどんな手腕を見せてくれるのか楽しみでなりません」と新たな製作チームに期待を寄せた。

本シリーズの共同企画はアレックス・カーツマンとロベルト・オーチー、フィリップ・イスコヴ、レン・ワイズマン。出演はトム・マイソン(イカボッド・クレーン役)、ニコール・ベハーリー(アビー・ミルズ役)。新シーズンの製作総指揮にはカーツマンとオーチー、ワイズマン、ヘザー・カディン、そしてキャンベルが名を連ねる。

『スリーピー・ホロウ』シーズン2の視聴者数はシーズン1の1100万人から710万人に落ち込んだ。シーズン3では挽回なるか、行方を見守りたい。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・イスラム国による米記者殺害を受け、『スリーピー・ホロウ』が「首なし騎士」のPRを謝罪アレックス・カーツマンとロベルト・オーチー、映画製作におけるコンビを解消『スリーピー・ホロウ』オーランド・ジョーンズが、米Huluオリジナル・ドラマに出演決定!