タグ・ホイヤー+インテル+グーグルがスマートウォッチを発売へ

写真拡大

高級時計で知られるタグ・ホイヤーが、インテルおよびグーグルと協力して「Android」搭載スマートウォッチを発売すると発表した。この3社のタッグは、アップルの「Apple Watch」の有力な対抗馬になる可能性がある。

「タグ・ホイヤー+インテル+グーグルがスマートウォッチを発売へ」の写真・リンク付きの記事はこちら

インテルとグーグル、そしてスイスの高級時計メーカー、タグ・ホイヤーの3社がタッグを組むことになった。この提携によって、いままで見たことがないほどエキサイティングな「Android Wear」デヴァイスが登場するかもしれない。

スイスで開かれている時計と宝飾品の見本市「バーゼルワールド」で発表されたこのスマートウォッチは、ハードウエアとソフトウェア、そして高級時計の専門家が協力しながらつくる初めてのウェアラブルデヴァイスとなる。

インテルは、1月に開かれたCES 2015で、ウェアラブルデヴァイス用に特別に設計されたボタンサイズのモジュール「Curie」を発表している。

スマートフォンの流れに乗り遅れた同社は、ウェアラブル市場で先行する決意を以前から示してきた。いまのウェアラブルデヴァイスは、エネルギー効率の低さからさまざまな問題に見舞われているが、同社はバッテリー技術を利用してこうした問題を克服しようとしているようだ。

自社のCurieプラットフォームがいかに優れているかを熱心に訴えるインテルが目指しているのは、あらゆるファッションブランドメーカーの製品をインテリジェントなデヴァイスにできるようなバックエンド技術の提供だ。実際、同社の提携先には、高級時計メーカー、Fossilの名もある。Fossilは、さまざまな高級ファッションデザイナーとともに手がけた腕時計や自社ブランドの腕時計を展開している

だが、タグ・ホイヤーとの提携で最も驚きだったのは、グーグルが加わっていることだろう。当然ながら、デジタルディスプレイを必要とするAndroid Wearと、タグ・ホイヤーの伝統的な機械式アナログ時計が、どう組み合わせられるのかはまだよくわかっていない。

いずれにしても、高級腕時計ブランドに新しいテクノロジーがどのように取り込まれるのかはとても楽しみだ。「Apple Watch」(日本語版記事)の発売が間近に迫ったことを考えると、今回の発表は最適なタイミングだと言える。

TAG

GoogleSmartwatchWatchWearable DeviceWIRED UK