タイタス・ウェリヴァー

写真拡大

会員制ビデオ配信サービスを行う米Amazonのオリジナルドラマ『Bosch(原題)』のシーズン2更新が決定した。米Varietyなどが報じている。同作は、大ベストセラー作家マイクル・コナリーの世界的ヒット小説「ハリー・ボッシュ・シリーズ」を原作とした犯罪ドラマ。このコナリーによる刑事ハリー・ボッシュを主人公とした作品群は19冊あり、シリーズ累計で5千万冊以上を売り上げているという。

【関連記事】待ってました『24』最新作!「レンタル中...」にさようなら!PlayStation™Videoでデジタル配信体験記

主人公ハリー・ボッシュを演じるのは、ドラマ『LOST』『グッド・ワイフ』『サン・オブ・アナーキー』などで知られるタイタス・ウェリヴァー。脇を固めるのは、『THE WIRE/ザ・ワイヤー』『パーソン・オブ・インタレスト 犯罪予知ユニット』のジェイミー・ヘクター、同じく『ザ・ワイヤー』『FRNGE/フリンジ』のランス・レディック、『Being Human/ビーイング・ヒューマン』『ER 緊急救命室』シリーズのエイミー・アキノなど名脇役たちが揃う。

クリエイターは、『ザ・ワイヤー』『LAW & ORDER ロー&オーダー』シリーズなど数々の犯罪ドラマでコンサルティングプロデューサーとして活躍し、それらドラマの脚本家としても知られるエリック・オーヴァーマイヤー。他にも、コナリー自身および映画『ヒート』のピーター・ジャン・ブルージなど、またとない重厚な製作陣が名を連ねる。

Amazonは視聴者数などの具体的な数字は明かしていないものの、同作はビデオ配信サービスAmazon Primeの「リリース1ヵ月間で最も視聴されたコンテンツとなった」と過去最高記録を叩きだしたことを明かしている。

ロイ・プライス副社長は、「サービスをご利用の皆さまがあっという間に虜になってくださったことを心から嬉しく思います。ファンの皆さまには、この上なく才能に恵まれたキャストによって蘇った、際立って素晴らしいドラマの続きを、間もなく楽しんでいただけることでしょう」とコメントしている。

シーズン2は、コナリーのベストセラー小説「トランク・ミュージック」「The Drop(原題)」などからエピソードが制作されるもよう。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・『フリンジ』ランス・レディックが『ブラックリスト』に出演1シーズンの話数がしぼられていくなか、米CBSは"22話"の方針を擁護【ややネタばれ】『グッド・ワイフ』が『Glee』の盗作疑惑にまつわるエピソードを放送!