マイアミ・マーリンズイチロー選手が今季のメジャーリーグで最年長野手であることは、すでにご存知の方も多いことでしょう。1973年10月22日生まれのイチロー選手は、現在41歳5ヵ月――。過去のメジャーを振り返れば、40歳を過ぎても活躍したバッターは何人もいます。

 その中で最も有名なのは、45歳まで現役を続けたピート・ローズ(1963年〜1986年)でしょう。イチロー選手と同じ41歳時のデータを見れば、1982年、フィラデルフィア・フィリーズでレギュラーシーズン162試合にフル出場しています。その年の成績は、打率.271・3本塁打・54打点。全盛期より落ちてはいるものの、41歳で172本ものヒットを打っているのは驚愕です。

 ただ、ローズは162試合すべて、ファーストのポジションで出場しています。ローズはもともとセカンドの選手で、その後はライト、レフト、サード、そしてファーストと、グラウンドを反時計回りでポジション移動していきました。いつも全力でプレイする元気なローズであっても、年々体力は衰えていき、41歳になるとファーストが定位置になりました。

 ピークを過ぎた選手は、年齢とともに守備力も低下していきます。ア・リーグのチームならば指名打者(DH)専属となるケースが多いですし、ナ・リーグに所属していれば、なるべく守備の負担の少ないポジションに移動していくのは仕方のないことです。

 球史に残る外野手――、ウィリー・メイズ(1951年〜1973年)もその例に当てはまります。メジャー屈指の万能プレイヤーと呼ばれ、歴代4位の660本塁打を放ち、センターのポジションで12年連続ゴールドグラブ賞を受賞した名手です。

 しかし1972年の41歳のときは、サンフランシスコ・ジャイアンツとニューヨーク・メッツでプレイし、合計88試合の出場で打率.250・8本塁打・22打点という成績でした。しかも、外野を守ったのは63試合で、ファーストでの出場は11試合もあります。史上最高の名センターがファーストを守るというのは、とても寂しいものがありました。

 そしてもうひとりの万能プレイヤー、デーブ・ウィンフィールド(1973年〜1995年)も晩年は守備の機会を失っています。大学時代に野球、アメフト、バスケットボールと3つのプロスポーツからドラフトを受け、ニューヨーク・ヤンキース時代にはライトのポジションでゴールドグラブ賞を5回受賞した選手です。しかし、そんな彼も41歳になった1993年には、ミネソタ・ツインズで143試合に出場したものの、ポジションはDHばかり。かつての名手が外野を守ったのは、わずか31試合でした。

 40歳を過ぎると、ほとんどの野手は守ってもファーストで、多くはDHとなります。ただ、40歳を過ぎても外野手として活躍した選手も、稀(まれ)にいたのです。

 その代表格といえば、リッキー・ヘンダーソン(1979年〜2003年)でしょう。歴代1位の通算1406盗塁をマークし、史上最高の1番バッターと称される「世界の盗塁王」です。彼は41歳になった2000年、メッツとシアトル・マリナーズで合計123試合に出場し、打率.233・4本塁打・32打点という成績を残しました。また、出塁率.368という高い数字を叩き出し、さらに驚くべきはマリナーズ移籍後に31盗塁をマークして、その年のア・リーグ4位の数字を残しているのです

 マリナーズでのヘンダーソンはレフトで88試合に出場しているので、堂々たるレギュラー外野手です。ただ、守備は決して上手ではないので、デビュー当初から彼のポジションはレフトでした。歴代1位の通算762本塁打を記録したバリー・ボンズも、2007年(当時43歳)に現役を退くまでレフトのポジションを守っていました。3つの外野のポジションの中でも、レフトは守備力より打撃力が重視されます。

 しかしながら、40歳を過ぎても外野の守備の要であるセンターを守ったすごい選手もいます。それは、メジャー8球団を渡り歩いたスティーブ・フィンリー(1989年〜2007年)です。フィンリーはメジャーリーグ史上6人目の通算300本塁打・300盗塁を達成したパワーとスピードを兼ね備えた選手で、センターでゴールドグラブ賞を5回も受賞しました。

 2006年にフィンリーが41歳のときは、ジャイアンツで139試合に出場して打率.246・6本塁打・40打点をマークしています。そして驚くべきは、三塁打の数が12本もあること。この数字は同年ナ・リーグ4位であり、スピードはまったく衰えていなかったのです。

 また、フィンリーの守備力は40歳を過ぎても健在で、139試合のうち守った130試合はすべてセンターで出場しています。これは、センターとして100試合以上出場した選手のメジャー最年長記録(41歳)です。

 40歳を過ぎて外野を守ることがいかに大変なことか、過去の歴史からうかがい知れると思います。しかも、イチロー選手の場合は「第4の外野手」としての役割を求められています。今年のオープン戦でも、外野のレギュラー3人(ライト=ジャンカルロ・スタントン、センター=マーセル・オズナ、レフト=クリスチャン・イエリッチ)がメンバーから外れたとき、その代わりに外野のポジションで出場しています。レギュラーシーズンが始まっても、同様のケースで起用されることでしょう。つまり、外野のどのポジションでも起用されるということは、イチロー選手の守備力が高く評価されているからです。

 オープン戦でのイチロー選手は、早くも守備面で大いにアピールしています。ライトやレフトのポジションで強肩を披露し、チームメイトを驚かせました。今年のイチロー選手はある意味、バッティング以上に守備で注目されるでしょう。

 41歳という年齢にして、ライト、センター、レフトの3つのポジションで試合に出続けるケースは、おそらく過去に前例のないことだと思います。41歳で100試合以上センターを守ったフィンリーの最年長記録のように、ちょっとマニアックなデータが今後出てくるかもしれません。今シーズンのイチロー選手は、守備の面でも偉大な記録に挑戦していると思います。

福島良一●解説 analysis by Fukushima Yoshikazu