世間を騒がせた自民党の門博文議員(49才)と中川郁子議員(56才)との“不倫路チュー”報道。その後、中川議員は体調不良で緊急入院。退院後国会で謝罪するも、多くの怒号にさらされてしまった。さらには、入院時の病室での喫煙も追及され、集中砲火を受けている。

 一方の門議員はというと、謝罪文をホームページで発表しただけで、その後は普通に議員活動を続けている。

 両者の扱われ方にかなりのギャップを感じるが、このいびつさを生んでいるのが、国会議員たちに根強く残る、“男尊女卑”の精神かもしれない。女性差別問題に詳しい作家の北原みのりさんが語る。

「中川さんを責め立てている議員たちからは、単に“50才過ぎた女が色気づいてるんじゃねーよ!”という、いやらしい女性蔑視の根性しか見えません。公費だなんだと正義感を出しながらも、わざと“代議員とセック…、不適切な行為をしていたのでは”などと、質問した議員もいました。女性を叩くことが娯楽になっているのではないでしょうか。集団で叩きのめして悦に入るというやり方はいじめですよ。国会はもはや、圧倒的多数を占める男性議員の馴れ合いの場でしかないんです」

 実際、2015年3月現在、日本の衆議院議員における女性議員の比率はわずか9.5%。この数字は世界で113位、先進国では断トツの最下位である。

 昨年6月の東京都議会における塩村文夏議員(36才)への女性蔑視ヤジ問題を見ても、いかに日本の国会が時代錯誤な男性社会であるかがわかる。

 国会のこんな悪習にあぐらをかいて表に出ない門議員だが、彼に代わって、誠実な対応を見せてくれた人がいる。門議員の父親で、和歌山県議を30年以上務める門三佐博氏だ。

「息子があんなアホなことをして、本当に申し訳ない。国会議員にあるまじき行為やと思います。息子はしばらく煮え湯を飲まなしゃあないやろ。猛省して、今後は地元のために役立つ人間になってもらいたい。息子の嫁にも申し訳ないし、中川さんへも同じ気持ちや。彼女への過度なバッシングはもうせんといてほしい」

※女性セブン2015年4月2日号