元ほっしゃん。尾野真千子との関係はどうなった?

写真拡大

「会社とか誰にも言うてないんですけど…実はこっそり再婚しました!」。3月14日に放送された『人志松本のすべらない話 珠玉の10話とその後の話SP』(フジテレビ系)で、そう“爆弾報告”した元“ほっしゃん。”こと星田英利(43才)。お相手は、5才年下の元管理栄養士の元妻だ。

 彼女とは2007年11月に結婚し、2009年6月に長男が誕生したが、翌2010年に元妻は子供を連れて沖縄へ移り住んだ。

「その翌年の3月に東日本大震災による原発事故が発生して以降は、“放射能別居”と周りに説明していたんですが、その時はもう離婚に向けた話し合いが進んでいたんですよ」(芸能関係者)

 ふたりが正式に離婚したのは2012年9月だったが、その最大の原因といわれているのは、ほっしゃん。とNHK連続テレビ小説『カーネーション』で共演した尾野真千子(33才)。2012年6月に深夜の相合い傘デートをフライデーされ、その3か月後には熱海への不倫旅行が報じられた。あるテレビ局関係者が振り返る。

「尾野さんにしてみればほっしゃん。の離婚は冷や汗ものでした。ちょうどその頃、彼女は女優の仕事も増えてきたところで、“不倫疑惑”でさえマイナスイメージ。それなのに、彼が離婚したことで彼女が原因という印象がますます強くなりましたから、はっきり言って“困ったなぁ”という感じでしたよ」

 そんな尾野の気持ちをほっしゃん。は薄々感じ取っていたのかもしれない。離婚後しばらくすると不眠症に悩まされ、食欲も落ち、2か月ほどで5kg近く激やせ。さらに、昨年6月には大腸ポリープを切除する手術。身長168cmにもかかわらず体重が40kg台に突入し、病院で老夫婦から「ほっしゃん。がん? やせたね」と声をかけられたこともあったという。

「昨年8月6日の誕生日を機に、ほっしゃん。から本名の星田英利に芸名を変更しました。本人は、“挨拶でほっしゃん。を噛んだのがショックだった”と話していましたが、あまりに不運が続くので、改名して運気を変えたいとも思ってたんじゃないですかね。その結果、無事再婚できた。尾野さんも、ほっしゃん。が元サヤに戻ってくれてひと安心でしょう」(前出・芸能関係者)

 16日、ほっしゃん。は自身のツイッターにこう綴った。《“かなり進行した網膜剥離”っていう診断された》。あ…あれ? また運気が下降線?

※女性セブン2015年4月2日号