エマ・ワトソンPhoto by WireImage/Getty Images

写真拡大

米ウォルト・ディズニーが、エマ・ワトソン主演の実写版「美女と野獣」を3Dで製作し、2017年3月17日に全米公開すると発表した。米ハリウッド・レポーターによれば、英ロンドンのシェパートン・スタジオで5月から撮影がスタートする。

ワトソンが主人公の美女ベル役、ダン・スティーブンス(英ドラマ「ダウントン・アビー」)が野獣役、ルーク・エバンスがガストン役、ジョシュ・ギャッド(「スティーブ・ジョブズ」)がル・フウ役に決定。さらに、エマ・トンプソンがポット夫人役、ケビン・クラインがベルの父親役として出演することが明らかになった。

監督は「ドリームガールズ」「トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン」のビル・コンドン。オリジナル版のアニメ「美女と野獣(1991)」をはじめ、ディズニー作品の数々の名曲でアカデミー賞を受賞している作曲家アラン・メンケンが音楽を手がけ、オリジナル楽曲を新たにレコーディングするほか、新曲もいくつか加わる。

自社アニメの実写化を積極的に進めているディズニーは、先週末公開されたリリー・ジェームズ主演「シンデレラ」が、全米オープニング興収7010万ドルという大ヒットスタートをきった。「シンデレラ」は、4月25日日本公開。

■関連記事
実写版「美女と野獣」の野獣役に「ダウントン・アビー」ダン・スティーブンス
エマ・ワトソン主演「美女と野獣」の悪役ガストンにルーク・エバンス
エマ・ワトソン主演の実写版「美女と野獣」にライアン・ゴズリング?
エマ・ワトソン、ディズニー実写版「美女と野獣」ヒロインに決定
ラプンツェルはA・セイフライド? ディズニーキャラ実写化、夢のキャスト25人