サラ・ポーリー監督写真:Target Press/アフロ

写真拡大

ルイーザ・メイ・オルコットの古典小説「若草物語」を、ソニー・ピクチャーズが再映画化することになったとハリウッド・レポーター誌が報じた。

「若草物語」はアメリカ南北戦争時代を舞台に、父の留守中に成長を遂げていく4姉妹の物語。同作はこれまでに何度となく映画化されており、最近では1994年(日本では95年)にウィノナ・ライダー、クレア・デーンズ、キルステン・ダンストが共演したジリアン・アームストロング監督版がある。

ソニーは現在、「アウェイ・フロム・ハー 君を想う」や「テイク・ディス・ワルツ」でメガホンをとった女優のサラ・ポーリーに監督をオファーしているという。

■関連記事
オルコット「若草物語」が6度目の映画化
サラ・ポーリー「物語る私たち」でひも解く自身の出生の秘密と母の恋
サラ・ポーリー、J・グリーンの小説「アラスカを追いかけて」を映画化
サラ・ポーリーが母と自身のルーツを探るドキュメンタリー「物語る私たち」予告編
サラ・ポーリー、M・アトウッド「またの名をグレイス」を映画化