写真提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優の岡田将生がアクションに初挑戦する、本多孝好原作の映画『ストレイヤーズ・クロニクル』(6月27日公開)の予告動画とポスターが20日、公開された。

本作では、極秘機関の実験によって、特殊能力を得ることと引き換えに20歳前後までしか生きることができない宿命を背負わされた子どもたちが、未来の希望を信じた昴(岡田)らチームスバルと、未来に絶望し人類の破滅を企てる学(染谷将太)率いるアゲハチームに分かれて死闘を繰り広げる。黒島結菜(碧)や松岡茉優(モモ)ら、注目の若手俳優たちが出演していることでも話題を集めていた。

ポスターと共に公開された動画では、昴の超視覚、モモの超圧縮呼気、亘(白石隼也)の超腕力など、それぞれの特殊能力を使った迫力のあるバトルが展開。さらに、「人間どもが!」と激昂する学に続き、「やめろ!」という昴の叫びが捉えられるなど、両チームの対立の激化を予感させる内容に。また、後半では4人組バンド、ゲスの極み乙女による主題歌「ロマンスがありあまる」が初披露。闘いの中で苦悩する子どもたちの姿とシンクロするかのような、切ない歌詞が印象的な楽曲になっている。

原作は作家の本多孝好氏による同名小説。『アントキノイノチ』(2011年)の瀬々敬久監督がメガホンをとり、『桐島、部活やめるってよ』(2012年)で、第36回日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞した喜安浩平氏が脚本を務めた。

(C)本多孝好/集英社 (C)2015「ストレイヤーズ・クロニクル」製作委員会