八反安未果(34)の過激すぎる写真集がネット上で話題 「シューティングスターの人!」

写真拡大

近頃はかつて大ブレイクした女性芸能人が、その後、美しく年を重ね、アラサー・アラフォーになってから、再度注目を集めるケースも少なくないが、かつてアイドル歌手として『SHOOTING STAR』などの楽曲で一世を風靡し、現在は歌手業のみならず実業家としても活躍中の八反安未果(34)が、過激過ぎる写真集を発売することが明らかとなり、ネット上で話題となっている。

これは3月25日に発売予定の写真集『八反安未果 HATTAN AMIKA PHOTOBOOK』でのことで、この中で彼女は、常夏のタイ・パタヤビーチの強烈な陽ざしを浴びながら、極小ランジェリーなどに身を包んだ魅惑のアラサーボディを惜しげもなく披露。
先日、同写真集に収録されている写真の一部が公開されるや、その衰えを知らぬ肉体美と、輝きを増した妖艶さに、ファンからは「うおおおおこれはすげえええええええ」「シューティングスターの人か!」「即ハボやんけ」「久々に写真集出たと思ったらすげえエロいとか」「この年で衰えないってすげえな」「この体で34とか!」といった驚きまじりの称賛の声が相次いだ。

実は今回の写真集は、2005年に発売された『Passion』に次ぐ2作目でありながらも、実は彼女自身にとって約10年ぶりとなる作品。フレッシュなセクシーさが目を引く20代の頃の彼女と、妖艶な輝きを放つ今の彼女を見比べつつ、その魅力を心ゆくまで、楽しんでみては如何だろうか。

文・久保田太陽

【参照リンク】