ジョシュ・デュアメルとアリス・イブ写真提供:アマナイメージズ、Photo by Mike Marsland/WireImage

写真拡大

アンソニー・ホプキンスとアル・パチーノが共演する新作スリラー「Beyond Deceit(原題)」に、ジョシュ・デュアメルとアリス・イブが出演することがわかった。

米ハリウッド・レポーターによれば、映画「エンジェルの狂気」やテレビドラマ「ザ・フォロイング」の脚本を手がけたシンタロウ・シモサワが、長編初メガホンをとる。

「Beyond Deceit(原題)」は、若き野心家の弁護士が、巨大製薬会社の冷酷な幹部を相手にした訴訟に臨むが、殺人事件に巻き込まれ自身が第一容疑者になってしまう、というストーリー。当初、ダン・スティーブンスが主人公を演じる予定だったが、スティーブンスは米ウォルト・ディズニー製作、エマ・ワトソン主演の実写版「美女と野獣」の野獣役に起用されたことから、こちらを降板した。

代役としてデュアメルが主人公の弁護士、イブがその妻を演じる。ほかに、グレン・パウエル、マリン・アッカーマンが出演する。

■関連記事
ジョシュ・デュアメル、「ブレイキング・バッド」クリエイターの新ドラマに主演
「スター・トレック」のアリス・イブ、幼なじみと婚約
アル・パチーノ本人が選ぶ自身の出演作ベスト 3
アンソニー・ホプキンスとイアン・マッケランが初共演 戯曲「ドレッサー」映画化
「スター・トレック3」ジャスティン・リン監督に決定、2016年7月全米公開へ