オペラ座の屋上で新CMを撮影した妻夫木聡

写真拡大

俳優の妻夫木聡が3月19日、都内で行われた、CMキャラクターを務めるキヤノンのデジタルカメラの新製品「EOS M3」新CM発表会に出席した。

今回のCMでは、日本で初めて仏パリ・オペラ座の屋上を使用して撮影を敢行。「世界を手に入れろ。」をコンセプトに、妻夫木が高さ80メートルのオペラ座の屋根に上り、エッフェル塔と沈みゆく夕日をカメラで切り取る姿が映し出される。

妻夫木は、「オペラ座の中に入ることも役者としては困難だと思うんですけど(笑)、飛び越えて屋上に行けるとは思っていなかったので、貴重な体験をさせて頂いた」と撮影を満喫した様子。高所での撮影も「あまり得意ではないんですが、仕事になると忘れちゃう」と、役者魂を見せていた。さらに、パリを訪れたのは今回が初めてといい、「どこを歩いていても素敵で、芸術的で、おしゃれで、常に美術館の中を歩いているような感覚になる」と語っていた。

2012年に同社のコミュニケーションパートナーに選ばれたことをきっかけに、プライベートでも写真を撮るようになったという妻夫木。「屋上に上がってから、撮影以外でもずっと写真を撮っていた」と明かし、「オペラ座の屋上から見た景色が、芸術とずっと生きてきたパリの街並みと空という自然の対比がはっきり浮き出ていて、そのコントラストが楽しかった」とその美しさを伝えていた。

また、同商品を使って撮影したいものを「時を忘れるもの」といい、「何かを撮りに行くよりも、自分が撮りたいものに出合いに行く。時を忘れる瞬間に立ち会えたらいいかなと感じました」と“写真家”の一面をのぞかせた。一方、「手に入れたいもの」を聞かれると、「勇気ですね」と苦笑い。「いろんな瞬間に出合いたいんですが、そこに行く勇気がなかなか持てない。まず飛行機のチケットを購入できたらいいですね(笑)」とおどけてみせ、会場の笑いを誘っていた。

「EOS M3」は、小型・高品質のミラーレスカメラで3月26日発売。同日新CM「世界を手に入れろ。」篇が全国でオンエア開始。

■関連記事
妻夫木聡、レッドソックス上原のサプライズ登場に仰天「舞台から落ちそう」
妻夫木聡、初日挨拶で感極まる 「バンクーバーの朝日」封切り
妻夫木聡&石井裕也監督、連続タッグで構築した揺るがぬ信頼感
妻夫木聡「英語で答えて」のリクエストに大慌て「僕は英語が話せません!」
妻夫木聡「あこがれだった」美大生にエール「夢を信じて」