ボンドの少年時代の秘密が明らかにSPECTRE (C)2015 Danjaq, MGM, CPII.  SPECTRE,007 Gun Logo and related James Bond Trademarks,TM Danjaq.  All Rights Reserved.

写真拡大

ダニエル・クレイグが主演するシリーズ最新作「007 スペクター」のティーザーポスタービジュアルが、このほど完成した。ワルサーPPKを手にしたジェームズ・ボンドの射抜くような青い瞳が印象的なビジュアルが、全世界で一斉に公開された。

これまでクレイグが主演してきた「カジノ・ロワイヤル」「慰めの報酬」「スカイフォール」の3作品のポスターでは、タキシード姿かスーツ姿のボンドが映し出されていたが、今回は全身黒ずくめの服装に。本作ではボンドの少年時代の秘密が明らかになるというが、前作で“原点”へと立ち返ったボンドがどのように自身の過去と対じしていくのかに期待が高まるデザインになっている。

シリーズ生誕50年目に公開され記念碑的作品となった「スカイフォール」に続き、本作でもメガホンをとるサム・メンデス監督は、「冒頭からボンドはある人物を追跡していますが、観客はその理由も内容もわからない。けれど、そこで起きていることはボンドの幼少期に関わる重要な秘密へとつながっていきます」と語っている。最新作では、ボンドがチームの中でもっとも経験豊富で、知性に長けた人物であり、今まで以上にMI6内での立場が重要になっているため、全編を通してボンドが主導権を握る展開になるという。

メンデス監督は、新しい顔ぶれとなった、M(レイフ・ファインズ)やマネーペニー(ナオミ・ハリス)、Q(ベン・ウィショー)について、「キャリアだけでなく生活をも危険にさらし、ボンドを助けようとします」とコメントしており、それぞれのドラマと人間模様がより深く描かれるようだ。クリストフ・ワルツ扮する悪役については謎に包まれたままで、続報に期待が寄せられる。

昨年12月8日にクランクインし、英ロンドンからオーストリア・ゼルデンの雪山、伊ローマへとロケ地を変え撮影を敢行。今後もメキシコの首都メキシコシティ、モロッコのタンジールなどをめぐる予定だ。

「007 スペクター」は11月全国公開。

■関連記事
「007」最新作ではボンドの少年時代が明らかに?メンデス監督ビデオブログで語る
「007 スペクター」ボンドの新写真&雪山での現場収めた映像公開!
「007」最新作のタイトルは「スペクター」 キャストも正式決定
ひざ負傷のダニエル・クレイグ、「007」最新作「スペクター」撮影に復帰
撮影中「007 スペクター」にボンドガール加入!メキシコ出身のステファニー・シグマン