今年の6月に退役するヘンリー王子/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

ケンジントン宮殿の広報が、ヘンリー王子(30)が6月に英陸軍航空隊から退役することを明らかにしてから2日後の今月18日、ヘンリー王子自らが将来の展望について語った。

【写真を見る】ヘンリー王子は10年間、英陸軍航空隊に務めていた/写真:SPLASH/アフロ

ヘンリー王子や退役軍人ら5人が中心となって立ち上げたチャリティThe Walk of Britainの発足式で明らかにしたもの。BBCニュースによれば、同活動は兵役で負傷した兵士たちが、退役後に通常の生活に戻るためのサポートするためのチャリティ活動で、注意を喚起するためにスコットランドからイギリスまでの1000マイル(1609km)を旅するというもの。

ヘンリー王子は、「このイベントに従事できることを嬉しく思い、またチャリティ活動のための遠征に参加できることを楽しみにしています」「私もそうですが、退役後に新しいキャリアを探すのはとても難しいことだと思います。私は退役後、そういった人々をサポートすることを決意しました」と語った。

2006年から従事した英陸軍航空隊を退役する前に、ヘンリー王子は4週間にわたってオーストラリアのシドニーやパース、ニュージーランドでオーストラリア国防軍と共に活動に参加し、夏には、アフリカで自然保護を中心としたチャリティ活動に従事するという。

8月にはイギリスに戻り、The Walk of Britainの5人の退役軍人らとともに遠征を開始。8月22日にスコットランドを出発し、10月31日にロンドンで遠征を終える予定だ。【NY在住/JUNKO】