ベン・アフレック演じるバットマンが登場するかもしれない『Suicide Squad(原題)』/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

DCコミック映画最大の話題作と呼ばれている『Suicide Squad(原題)』にベン・アフレック演じるバットマンも登場するとLatino Reviewが伝えている。

【写真を見る】デッドショット役のウィル・スミス/写真:SPLASH/アフロ

『Suicide Squad』は、デッドショット役にウィル・スミス、ジョーカー役にジャレッド・レト、ハーレー・クイーン役にマーゴット・ロビー、エンチャントレス役にカーラ・デルヴィーニュらの豪華キャストが決まっており、2016年8月全米公開を予定している。

Latino Reviewによれば、アフレックのバットマンは「政府に憎まれ、怖れられる役」として登場するそうだが、ストーリーの内容は全く明らかにされていない。

実際、キャストや関係者にはストーリーの中身を漏らさないようにきつく緘口令が敷かれているそうで、ウィル・スミスは「(ストーリーをばらしたら)君を殺さなければなくなる。それはトップシークレットなんだよ。でも本当にいい。素晴らしいものになるよ。僕はすでに撮影のための体作りに入っている。トレーニングをしているところだ」と話していた。

一方、故ヒース・レジャーのイメージが強いジョーカー役を引き継いだジャレッド・レトはヴィーガン(動物性の食物を一切とらない)のため、増量して肉体改造することに苦労しているようだ。

「体重を増やそうとしているんだ。そのために2時間おきに食事をしなきゃいけない。僕は沢山食べることが大の苦手なんだけど」と話している。【UK在住/ブレイディみかこ】