みぞれの降る寒さのなか中田島砂丘で撮影

写真拡大

注目の若手俳優・高杉真宙をカメラマンの須田卓馬氏が撮り下ろし作品が、3月18日からウェブ上で連載される。特撮ドラマ「仮面ライダー鎧武(ガイム)」や、最終回を迎えたばかりの「ゴーストライター」などに出演し、2ちゃんねる発の短編オカルトホラー作を映像化する「師匠シリーズ」プロジェクトではイメージキャラクターを務める高杉。このほど、18歳の新たな一面が垣間見える写真が公開される。

1月、静岡・中田島砂丘。室内での撮影を終えた高杉は、ロケ現場に移動して深夜から待機し、明け方の薄明かりと朝の光を狙っての撮影を敢行した。みぞれが降る寒さのなか、高杉はシャツとスーツのみという姿で、最後は裸足で砂丘を駆けるなど、砂にまみれるのもいとわず、さまざまな動きや表情にチャレンジした。厳しい天候と闘いながらの過酷なロケが熱気と迫力を生み、高杉の新たな男っぽさとセクシーさがあふれる作品に仕上がった。

地方ロケでの写真撮影は初めてだったという高杉は、試行錯誤しながらの撮影を振り返り、「『自分をさらけ出す』っていうのが前半は恥ずかしくてなかなか出来なかったんです。でも、撮影していくうちにどんどん楽しくなってきて後半はやりたい放題でした(笑)」と語る。「僕も写真を見せてもらって、『こんな表情をあの寒い中でしていたんだな』って自分でも思うものが、いくつもありました。たくさんの方に見ていただけたら嬉しいです」と作品への思いを語る。

現在は主に雑誌媒体を中心にポートレートやファッションスチルを撮影している須田氏は、「高杉さんは以前にも少し撮影させていただいたことがあり、一度時間をかけて向き合った写真が撮りたいと考えていた俳優でした」という。当日の厳しい天候も「高杉さんの内に秘めた激しさのようなものを表現するのにはとてもいい環境でした」と語り、「撮り進める内にどんどんと新しい表現を見せてくれました」と充実した撮影だったことをうかがわせた。そして、「今までにない高杉真宙を撮影できたと思っています。鬼気迫るポートレート、是非ご覧ください」とメッセージを寄せた。

撮り下ろし作品は、須田氏のホームページ(http://www.takuphoto.net)で無料公開。3月18日から毎週水曜日、全5回にわたり連載(最終回のみ4月11日掲載)される。連載終了後には、撮影時のメイキングムービーを公開する予定だ。

■関連記事
2ちゃんねる発のオカルトホラー「師匠シリーズ」、映画&ドラマ&アニメ化決定!
小林豊&久保田悠来登場にファン歓喜 「鎧武」スピンオフで再結集
小松菜奈ら、賛否両論「渇き。」の10代キャストが浴衣で勢ぞろい
倉本聰、司会者を一喝 仲代達矢は高杉真宙に太鼓判
高杉真宙「カルテット!」で映画初主演 剛力彩芽と共演