アンディ・ラウとマット・デイモン写真提供:アマナイメージズ、Photo by WireImage/Getty Images

写真拡大

中国の巨匠チャン・イーモウ監督、マット・デイモン主演の新作「The Great Wall(原題)」に、香港の俳優アンディ・ラウの出演が決定したと、英スクリーン・デイリー誌が報じた。

同作は、「GODZILLA」や「パシフィック・リム」などを製作した米レジェンダリー・ピクチャーズのCEOトーマス・タルが温めている企画で、万里の長城の誕生をめぐるストーリーをファンタジックに描く。「ワールド・ウォー Z」の原作者マックス・ブルックスが原案に関わっている。

今回、デイモンとラウのダブル主演というかたちになりそうだが、ラウが代表作「インファナル・アフェア」で演じたマフィアから警察に潜入する青年の役どころを、同作の米リメイク版「ディパーテッド」で演じたのがデイモンだ。

ほか、ウィレム・デフォー、エディ・ポン、チャン・ハンユーらが共演。4月に中国でのクランクインを予定している。

■関連記事
スコセッシ×アンドリュー・ラウ、NYが舞台のギャング映画でタッグ!予告編公開
21世紀版「男たちの挽歌」 大ヒット香港ノワール「レクイエム 最後の銃弾」10月公開決定
高倉健さんも称賛 名匠チャン・イーモウが切なく強い夫婦愛描いた「妻への家路」
チャン・イーモウ監督の新作にマット・デイモン?
香港大ヒットのポリティカルサスペンス、予告で暴かれる警察内部の汚職