ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 3月7日に桜花賞トライアルのチューリップ賞(阪神・芝1600m)が、翌3月8日には皐月賞トライアルの弥生賞(中山・芝2000m)が行なわれました。チューリップ賞はココロノアイ(牝3歳)、弥生賞はサトノクラウン(牡3歳)が制し、それぞれ本番でも楽しみな馬が結果を出しましたね。

 3歳クラシックに向けたトライアル戦は、まだまだ続きます。3月15日には桜花賞トライアルのフィリーズレビュー(芝1400m)が阪神競馬場で開催されます。

 このフィリーズレビューは、GIIレースです。当然、1着賞金はGIIIのチューリップ賞(3400万円)よりも多く、5000万円と高額です。しかしながら、毎年メンバーがそろうのは、桜花賞(阪神・芝1600m)と同じ舞台で行なわれるチューリップ賞。おかげで、レースの格は上でも、例年フィリーズレビューに参戦するメンバーレベルは、チューリップ賞に比べて劣ることが多いですね。

 実際、ここを勝って、桜花賞も制した馬というのは、数えるほどしかいません。10年前のラインクラフト(2005年)や、それ以前でもレース名が「報知杯4歳牝馬特別(※)」だった頃の、キョウエイマーチ(1997年)とメジロラモーヌ(1986年)が記憶にあるくらい。桜花賞には直結しにくいレースと言えます。
※日本では2000年まで馬の年齢は数え年を用いて表記。例えば、現3歳馬は当時4歳馬とされていた。

 その理由は、桜花賞本番とのコースの違いというのもありますが、最たるものは、賞金が高いゆえ、「桜花賞よりも、トライアルのここが勝負」という馬が多く参戦し、この舞台で目いっぱいの勝負を仕掛けてくるからではないでしょうか。ましてや、桜花賞の1600mという距離が長い馬にとっては、1400m戦のここはまさに"本番"となりますからね。

 そうした過去の傾向をひも解いてみて、今年、まず注目されるのは、コートシャルマン(牝3歳)です。

 デビューから1400m戦で2連勝を飾ったコートシャルマン。その内容も良かったため、GI阪神ジュベナイルフィリーズ(12月14日/阪神・芝1600m)では3番人気に推されました。しかし、結果的には「マイル戦は少し長いかも?」と思わせるような内容で、10着と敗戦。次走のフェアリーS(1月12日/中山・芝1600m)も、同じような感じで4着に敗れました。

 振り返れば、半姉レッドオーヴァル(牝5歳)は、2年前の桜花賞で2着と健闘しましたが、同馬のベストパフォーマンスと言えば、その後のオークス馬メイショウマンボ(牝5歳)をあっさり差し切った1400m戦の紅梅S(京都)でした。半兄ストロングリターンにしても、2012年の安田記念(東京・芝1600m)を制覇しているものの、1400m戦の京王杯SC(東京)で最も強い競馬を見せていました。

 さらに、その上の兄ダイワマックワンは、1200m戦がベストの短距離馬でした。そうした血統背景を踏まえれば、コートシャルマンも、桜花賞よりもこのレースにこそ、大いに勝負気配を感じます。

 他にも1400m戦がベストと思える馬がいますが、それ以上に気になるのは、新馬(12月21日/中山・芝1800m)、2戦目の菜の花賞(1月17日/中山・芝1600m)、そして今回(1400m戦)と、通例とは逆に、段々と距離を短縮してきているクイーンズリング(牝3歳)です。

 過去2戦は、センス抜群の競馬で快勝しました。特に前走は、不利と言われる中山・芝マイル戦の大外枠(15頭立て15番枠)発走ながら、何ら苦にせず、2馬身差の完勝劇を披露。能力があるのは明らかで、今度は1400mの距離でどんな対応のレースを見せてくるのか、とても楽しみにしています。

 ただ、クイーンズリングの狙いは、桜花賞にあると見ています。そういう意味では、ここで全力を出し切って、勝ってしまうのはどうかと思います。終始折り合いに専念し、終(しま)いで脚を伸ばして、桜花賞の出走権を得られる3着以内に入るような競馬ができれば十分でしょう。そんなレースぶりを見せてくれたら、本番ではぜひ狙ってみたいですね。

 さて、このレースの「ヒモ穴馬」ですが、やはり1400m戦の「ここが勝負」という馬を取り上げたいと思います。そんな雰囲気を持っているのは、ラッフォルツァート(牝3歳)です。

 昨夏のデビューから8戦して、そのうち7戦が芝の1400m戦。戦績は、2勝、2着4回、3着1回と、3着以内率は100%です。まさに1400m戦がぴったりと言え、おそらく陣営も同距離のレースを狙って使ってきているのではないでしょうか。

 また、このレースはおおよそフルゲート(18頭立て。昨年までは16頭立て)で行なわれます。それも、内回りのため、毎年ごちゃついて、経験の浅い馬には厳しいレースとなります。

 その点、ラッフォルツァートはすでに8戦を消化。やや多い気もしますが、少ないよりはマシです。混戦になればなるほど、そのキャリアが生きてくるのではないでしょうか。

 鞍上は、引き続きシュタルケ騎手。同騎手が手綱をとって2勝目を飾った前走(2月22日/京都・芝1400m)は、素晴らしい内容でした。ラッフォルツァートとは手が合いそうで、今回も期待できます。