2015年クラシック候補たち
■第5回:ベルーフ

 昨年の2歳戦から、産駒がデビューした新種牡馬のハービンジャー。同馬は新種牡馬における2歳リーディングでトップとなり、種牡馬全体で見ても5位という好成績を残した。

 そのハービンジャー産駒から、今年の3歳クラシックを狙う有力馬が現れている。4戦3勝のベルーフ(牡3歳/父ハービンジャー)である。

 昨年の10月14日にデビューしたベルーフは、2歳新馬(京都・芝2000m)を快勝。2戦目の百日草特別(2014年11月9日/東京・芝2000m)では、のちにGIIIきさらぎ賞(2月8日/京都・芝1800m)を制す、大物牝馬ルージュバック(牝3歳/父マンハッタンカフェ)の2着に敗れたものの、続くエリカ賞(2014年12月27日/阪神・芝2000m)はきっちり勝利。安定した走りでオープン入りを果たした。

 この3戦で、ベルーフは十分に能力の高さを示していた。だが、4戦目のGIII京成杯(1月18日/中山・芝2000m)で、陣営の同馬に対する期待はさらに大きく膨らむこととなった。

 17頭立てで行なわれた京成杯。ベルーフは、大外17番枠からのスタートとなってしまった。ただでさえ大きなハンデとなる外枠発走。小回りの中山コースでは、なおさら厳しい条件となる。

 そして実際、スタートから後方を進んだベルーフは、道中で内に入ることができず、外を回されることになった。最終コーナーでも大外を回る形となって、インコースを通る馬に比べて、かなりの距離的なロスを強いられた。が、ベルーフはそんな不利をものともせず、大外一気の差し切り勝ち。ハービンジャー産駒初の重賞勝ち馬となったのだ。

 このレースぶりには、ベルーフを管理する池江泰寿厩舎のスタッフからも感嘆の声が漏れたという。関西競馬専門紙のトラックマンが語る。

「京成杯は、外枠からのスタートで、終始外側を回る厳しい展開でした。にもかかわらず、直線では他馬をごぼう抜き。池江先生も、『中山であの勝ち方ができる馬はなかなかいない』と驚いていましたね。叔父に気性が激しかったことで有名なステイゴールドがいるベルーフ。自身も、レースでは引っかかって頭を上げるなど、まだ気性面に課題を抱えていますが、『その辺を解消できれば、さらにパフォーマンスは上がる』と、池江先生。伸びしろがまだまだ見込めるのは、大きいですね」

 父のハービンジャーは現役時代、4歳になってから本格化した晩成タイプだった。気性面だけでなく、そういった血統面からも、さらなるレベルアップが期待できるベルーフ。京成杯のあとはひと息入れて、今後はGIIスプリングS(3月22日/中山・芝1800m)を挟んで、GI皐月賞(4月19日/中山・芝2000m)へと向かう。

 スプリングSでは、京成杯と同様、川田将雅騎手が手綱をとる。しかし、その後の騎手は未定とのこと。この時期に本番でのジョッキーが確定しないのは不安材料となるが、陣営は「皐月賞については、チャンスを感じている」と、前述のトラックマンが言う。

「ベルーフについて陣営は、切れ味こそ他馬に譲っても、持久力では世代トップクラスと見ているようです。そのため、『小回りで、早めからのスパート勝負に持ち込める中山競馬場は(ベルーフに)向いている』と考えています。実際、皐月賞が息の入らない展開での持久戦となれば、ベルーフが勝ち負けできる可能性は高くなると思いますよ」

 ハービンジャー産駒の代表として、3歳クラシックに挑むベルーフ。遠い異国から日本へとやって来た父に、初年度からいきなりクラシックタイトルをプレゼントできるのか。"孝行息子"の動向に注目したい。

河合力●文 text by Kawai Chikara