米スポーツ情報サイトで特集された21世紀のMLB選手トップ100

日本人選手では唯一のトップ100入り、“ジーター超え”のトップ3入り

 マーリンズイチロー外野手が21世紀のMLB選手トップ100で3位に選出された。米スポーツ情報サイト「ブリーチャー・レポート」が特集している。

 ランキングは2001年以降の成績のみで評価しているために、主にそれ以前に大活躍していたグレッグ・マダックス、イチロー外野手も尊敬するケン・グリフィーJrらは選出を見送られている。継続性や、短期間での爆発的な活躍も同等に評価。禁止薬物使用疑惑などの過去を持つ選手も成績のみで判断されているという。

 100位から錚々たる名手が名を連ねる中(別表参考)、20位からはビッグネームが名を連ねる。

 20〜16位は、投手を中心に豪華なメンバーが名を連ねる。13年に現役を引退した元ヤンキースの守護神マリアノ・リベラ、11年にサイ・ヤング賞とア・リーグMVPに輝いたタイガースのジャスティン・バーランダーが続き、18位は昨年のヤンキースでイチローとポジションを争ったカルロス・ベルトランとなっている。さらに、17位は10年のサイ・ヤング賞投手で、マリナーズで岩隈久志投手とダブルエースを形成する「キング」ことフェリックス・ヘルナンデス、16位は近年故障に苦しみ、ブルージェイズとマイナー契約を結んだばかりの左腕ヨハン・サンタナと先発投手が並ぶ。

 トップで10入りを逃していはいるが、15〜11位もいずれも劣らぬ名手たちだ。15位は、ロッキーズ一筋でMLB17年間にわたって活躍し、13年限りで引退したトッド・ヘルトン。14位は09年に現役引退したペドロ・マルティネス、13位はマリナーズなどで活躍したランディ・ジョンソンと、ともに今年殿堂入りした名投手だ。12位はブレーブス一筋19年で12年に引退したチッパー・ジョーンズ、11位はエンゼルスなどで活躍したドミニカ出身のスラッガー、ブラディミール・ゲレーロと強打者が続いている。

「円滑という言葉では、彼のメジャーへの適応を完璧に表現できない」

 10位は現在、メジャー最強投手と呼ばれるドジャースのスーパーエース、クレイトン・カーショー。08年デビューにも関わらず、トップ10に入った。9〜7位には強打者が名を連ねる。インディアンスやレッドソックスで活躍した強打者のマニー・ラミレス、MLB通算本塁打記録を誇るジャイアンツのバリー・ボンズ、「ビッグ・パピ」の異名を持つレッドソックスのスラッガー、デビッド・オルティスと並ぶ。

 6位はブルージェイズなどで活躍し、13年に引退したロイ・ハラデイ。ヤンキースで活躍した松井秀喜氏が必ず好投手として名前を挙げる右腕だ。5位はアレックス・ロドリゲス、4位は昨年限りで現役引退した「キャプテン」デレク・ジーターとヤンキースのスーパースターが続いている。

 そして、MLB15年目のシーズンを迎えるイチローはジーターより1つ上となる堂々の3位に選出されている。記事では、キャリア通算成績の打率3割1分7厘、出塁率3割6分、通算2844本安打 112本塁打、717打点、487盗塁といった成績を紹介。そして、寸評ではイチローの偉大なキャリアをこう評している。

「オリックスブルーウェーブの9シーズンで1278安打を放った後、2001年に27歳のルーキーとしてシアトル・マリナーズに加わった。円滑という言葉では、彼のメジャーへの適応を完璧に表現できない。彼は打率3割5分、出塁率3割8分1厘、長打率4割5分7厘、56盗塁を記録し、ア・リーグの首位打者と新人王、MVPの栄誉も手にした。これが2004年の年間最多安打記録262本、打率3割7分2厘を含む、感銘的な10年連続200本安打の始まりだった」

 殿堂入りが確実視されている背番号51が27歳でメジャー挑戦後に過ごした華麗な10年間をこう評価している。

イチローを上回ったのはメジャーを代表する強打者2人

「過去2シーズンでパートタイムプレイヤーの役割に移行したが、彼は41歳のシーズンをマイアミ・マーリンズで開幕を迎えようとしている。MLB通算3000本安打までわずか156本と迫っている」

 4番目の外野手としてマーリンズに加わったイチローが金字塔を視野に入れている現状も、このように紹介している。このトップ100に選出された日本人選手はイチローだけだった。

 そして、イチローよりも上位に入ったのは2人だけ。2位は2012年に三冠王に輝くなど、現在、メジャー最強打者と呼ばれるタイガースのミゲル・カブレラ内野手。1位には、イチローと同じ2001年にデビューし、10年連続での打率3割、30本塁打、100打点に加えて3度のMVPに輝いているエンゼルスのアルバート・プホルス内野手が選出された。

 2人のパワーヒッターには及ばなかったものの、スピードを主体とした全く違うスタイルでデビューからメジャーを席巻し続けてきたイチロー。その評価は確固たるものとなっている。