新玉ねぎは常温or冷蔵保存?意外と知らない「春野菜」のあれこれ
 意外と知らない、野菜の話。

 みずみずしい春野菜が出回り始めました。見るだけでワクワクしてしまいますが、実際どういう食べ方が美味しいのか? カラダにいいのか? 大変気になるところです。

 そこで今回は、代表的な5種の春野菜について、優れた栄養効果と、購入・調理の際に気をつけるべきポイントについてご紹介します。

◆新玉ねぎ

 春先の4〜5月に出回る早生種。形が扁平で柔らかく、辛味が少なく老若男女食べやすいのが特徴です。

■栄養・期待できる効果
・硫化アリル
玉ねぎ独特の香り・辛味成分。新陳代謝を活発にしたり、コレステロールの代謝を促進することで、血液サラサラに導いてくれます。また、ビタミンB1の吸収を助けてくれるので、豚肉などと合わせることで疲労回復に。

■NGポイント
・常温保存
水分が多いため、常温の暗い場所での保存であっても腐ってしまいます。必ず冷蔵庫保存で、2〜3日間で食べきりましょう。

・水にさらす、加熱をする
水にさらしたり、加熱調理をすることで、せっかくの硫化アリルが流出・消滅してしまいます。効果を期待したいなら、必ずそのまま生食で。また、飴色玉ねぎ作りには不向きです。

■オススメメニュー
・新玉とトマトの「簡単サラダ」
・豚しゃぶの「付け合せ」として

◆菜の花

 新春から3月にかけて登場する、ほろ苦さを楽しむ春野菜。実は優れた緑黄色野菜で、積極的に摂取したい美容食材です。

■栄養・期待できる効果
・ビタミンC
野菜の中でもトップクラスの含有量。美肌作り、花粉症対策として免疫力を高めてくれる効果も。

・カロテン
ピーマンの5倍を誇る含有量。強い抗酸化作用によるアンチエイジング効果が期待できます。また、がん予防効果も。

■NGポイント
・黄色い花が見える、つぼみが開いている
大変傷みやすく、花が咲き始めると味が落ちてしまいます。つぼみが開いていない固いものを選び、早めに食べましょう。ストック野菜としては不向きです。

・塩ゆで、煮物
カロテンの吸収量を高めるためには、「油調理」。ただし、加熱をし過ぎるとビタミンCが壊れてしまうため、短時間調理を心がけて。

■オススメメニュー
・オリーブオイルで「蒸し焼き」に
・シンプルに「マヨネーズ和え」

◆そらまめ

 原産地は北アフリカで、4月〜6月にかけて出回る世界最古の野菜の一つです。

■栄養・期待できる効果
・たんぱく質
良質な植物性たんぱく質を摂取できます。

・食物繊維
そらまめの皮には食物繊維が豊富に含まれています。また、そらまめ自体にカリウムも豊富なため、むくみ・肥満防止に役立ちます。

■NGポイント
・さやから出たものを購入する
さやから出すと一気に鮮度が落ちるので、必ずさやつきのものを購入して。黒ずんだものよりも、緑色が濃く、つやのあるものが良いです。

・皮を捨てる
食べる時についつい捨ててしまいがちな「皮」。この部分こそ栄養豊富ですから、そのまま食べるか、攪拌してスープやスムージーに利用してみて。

■オススメメニュー
・シンプルに「塩ゆで」
・さやごとトースターで焼く「焼きそらまめ」
・豆腐と一緒にミキサーにかけて「ヘルシーポタージュ」に

◆春キャベツ

 ヨーロッパ原産で、古代ギリシャ時代から食べられていた野菜の一つです。葉の巻きがふんわりとゆるく、黄緑色で柔らかい葉質が特徴。

■栄養・期待できる効果
・ビタミンU(キャベジン)
水溶性ビタミン様作用物質で、胃炎・胃潰瘍の回復に効果があるとされています。

■NGポイント
・野菜炒め、煮込み料理
水分が多いため、野菜炒めにはオススメできません。また、柔らかく煮崩れしやすいので、ロールキャベツなどの煮込み料理にも不向きです。