実写映画化の基となる小説版「桜ノ雨」の表紙/Illustration by 優 (c) Crypton Future Media, INC.www.piapro.net .

写真拡大

ボーカロイドの楽曲として火が付き、中高生を中心に卒業ソングの定番となった「桜ノ雨」をモチーフにした実写映画化が決定。公開は2015年を予定している。

【写真を見る】映画化決定の帯が付いたシリーズ最新刊「Fire◎Flower 君を好きでいられて良かった」/Illustration by iXima (c) Crypton Future Media, INC.www.piapro.net .

「桜ノ雨」は、インターネットを中心に活動するシンガー・ソングライター、halyosy(ハルヨシ)が、2008年にボーカロイドを使用して、ニコニコ動画に発表した楽曲で、ボカロオリジナル曲でミリオンを達成している曲の1つ。ボーカルには音声合成ソフト「初音ミク」を使用している。

その初音ミクにはキャラクターが設定されており、公式プロフィール年齢が16歳となっていたことで、高校生活を送る初音ミクの想像を広げ、“卒業”をテーマとした曲になった。

同曲の関連動画再生数は2500万超を記録。ファン有志発案で合唱を披露する企画が始まったことをうけて、2009年、2010年には合わせて200を越える中高校の卒業式で合唱されるなど、中高生の間では社会現象化している。

2012年には、halyosy自身が原作・原案として参加した小説版「桜ノ雨」(PHP研究所)が刊行。これも20万部を超えるなどの人気を背景に、今回の実写映画化につながった。

今作はその小説版をモチーフに製作。ボーカロイドキャラの学園生活を軸に、女子高生の未来(ミク)や、鈴(リン)、蓮(レン)らが合唱部を舞台に織り成す物語と、学園の四季を綴る青春群像劇となっている。

映画化の話を受けて、halyosyは「今年も全国の学校で『桜ノ雨』は歌われるそうです。この曲を発表して7年が経ちました。最初の年に中学校で歌った方は、今頃、大学生や社会人をされているのでしょうか。みんなで作り上げてきた桜ノ雨には、たくさんの歴史があります。『もう何が起きても驚かない!』と思っていましたが、まさかの実写映画化。いまだに信じられませんが、頂いた脚本を見る限り、どうやら本当のようです。『もしミクさんが高校生だったら…』という妄想から生まれた桜ノ雨がどんな映像となるか、一緒に楽しんで頂けたら幸いです」とコメントを寄せた。

さらに、3月7日(土)には、シリーズ最新刊となる「Fire◎Flower 君を好きでいられて良かった」(PHP研究所)も発売される。ますます広がりを見せる“桜ノ雨ワールド”。映画の公開が待たれる。