映画公開を記念して「ピース オブ ケイク 番外編」の連載スタート!/[c]2015 ジョージ朝倉/祥伝社/「ピース オブ ケイク」製作委員会

写真拡大

ジョージ朝倉原作の大人気コミックを実写映画化した『ピース オブ ケイク』が9月5日(土)より公開される。また、本日3月7日(土)発売のFEEL YOUNG4月号より「ピース オブ ケイク 番外編」の連載が6年ぶりにスタート。

【写真を見る】志乃の親友 “おかまの天ちゃん”役を演じる松坂桃李/[c]2015 ジョージ朝倉/祥伝社/「ピース オブ ケイク」製作委員会

2003年から2008年にFEEL YOUNGにて連載され、全5巻の単行本の累計発行部数が43万部を超える原作は、現代女性の切ない恋や仕事におけるリアルな心情を描き、20〜30代の女性を中心に熱烈な支持を得ている。

原作者のジョージ朝倉は完成した映画を見て、「これ以上の映画化はありえない」とコメントしており、映画が連載再開の刺激にもなったようだ。この番外編は夏にコミックスとして発売されるという。

実写映画版では、多部未華子が仕事も恋愛も流されるまま生きてきた主人公・志乃を演じる。そして、志乃が思いを寄せる、隣人でありアルバイト先の店長でもある京志郎役に綾野剛、志乃の親友 “おかまの天ちゃん”役に松坂桃李、志乃の学生時代からの親友ナナコ役には木村文乃。

さらに、光宗薫、菅田将暉、柄本佑、森岡龍、峯田和伸ら個性豊かな俳優陣を迎え、『アイデン&ティティ』(03)『色即ぜねれいしょん』(09)の田口トモロヲがメガホンをとった。

原作者ジョージ朝倉も太鼓判を押す実写映画版『ピース オブ ケイク』。ファンには垂涎ものの新連載を読みつつ、9月の公開を待ちたい。【Movie Walker】