戸田恵子

写真拡大

世界的大ヒットドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』の脚本家が、自らの体験をもとに手掛けたドラメディ(=ドラマ+コメディ)『キャシーのbig C いま私ができること』が、4月からNHK BSプレミアムに登場する。放送開始を1か月後に控えた3月4日(水)、同局で試写会と記者会見が開催された。

【関連コラム】こちらもガン患者が主役なんです 『ブレイキング・バッド』を観るべき8つの理由

本作のタイトルにもある"Big C"とは、ガン(Cancer)を意味するスラング(俗語)。ミネソタ州・ミネアポリスに住む42歳の高校教師キャシーは、医師から自分が末期のがんを患っていて余命わずかであることを宣告される。それまで、お調子者で無責任な夫と反抗期の息子の世話に明け暮れ、周囲から「退屈な女」と思われてきたキャシーが、悔いが残らないよう残された人生を謳歌するためにとんでもない行動を起こしていく...。

本作の主演ローラ・リニー(映画『トゥルーマン・ショー』など)は、妻として、母として、そしてひとりの女性として人生を見つめ直すキャシーをリアルに演じ、ゴールデングローブ賞やエミー賞で主演女優賞を受賞した。そんなキャシー役の吹き替えを務める女優・戸田恵子は、記者会見の冒頭、あいさつの中で「この作品のようにガンや重病を患った患者さんの話を題材にした続きモノは本当にまれで、私自身は、こういう題材での連続ドラマははじめてになります。『よくぞ、私を起用していただいた!』というくらい光栄に思っています」と語っている。

前向きで明るいキャシーは、戸田にぴったりな役どころと言えそうだが、報道陣から演じるキャラクターとの共通点について尋ねられると「私は意外に前向きではなく、けっこう暗く暮らしているんです(笑)。恨みつらみをいつまでも持っているタイプの人間なんです」と冗談を交えながら「キャシーの生き様がうらやましいです。私も、こんな風に生きられたら素敵だなと思っています」とコメント。

本作にはローラ演じるキャシーを取り囲む個性的なキャラクターたちが登場する。映画『ドクター・ドリトル』のオリヴァー・プラット演じる手のかかる夫ポールや、『グッド・ワイフ』のジョン・ベンジャミン・ヒッキー演じる自称・環境活動家の兄ショーンなど。その中でも戸田が注目するのは、『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』や『アンフォゲッタブル 完全記憶捜査』にもゲスト出演しているフィリス・サマーヴィルが演じる近所に住む頑固なおばあさんマーリーンだという。「これは出てくるキャラクターみんなに言えることなんですけど、マーリーンにももちろんこれまでの人生があって...。今までは口もきいたことがなかったマーリーンと話をしたりするようになり、実は優しくていろんなものを背負って生きているっていうことが分かってくるんです」と語っている。

"がんで余命わずか"という重いテーマを切なく明るく描いた『キャシーのbigC いま私にできること』は、NHK BSプレミアムにて4月1日(水)からスタート。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・『グッド・ワイフ』ジョシュ・チャールズ、第一子のパパに!米Showtimeが『HOMELAND』と『The Affair』のシリーズ更新!『グッド・ワイフ』カリンダ役のアーチー・パンジャビがシーズン6にて降板決定!