クラシック(※)本番を見据え、今週末の土曜日には阪神競馬場でチューリップ賞(3歳牝馬芝1600m)、日曜日には中山競馬場で弥生賞(3歳芝2000m)と、いよいよ牡牝のトライアルレースが始まる。それぞれの上位3着までの馬にはチューリップ賞は桜花賞へ、弥生賞は皐月賞への優先出走権が与えられ、春の一冠目に向けての展望が明るくなるのはもちろんだが、この2競走はそれだけでなく、今後のクラシック路線を占う要素となりえる部分が大きい。
※3歳牡馬戦線の皐月賞(今年は4月19日に催行)、ダービー(同5月31日)、菊花賞(同10月25日)。3歳牝馬戦線の桜花賞(同4月12日)、オークス(同5月24日)の5レースを指す

 例えばチューリップ賞で見ると、同じ舞台で行なわれる桜花賞に直結しやすい上に、過去10年で5頭のオークス馬がこのレースを使っている。2008年のブエナビスタを除けば、いずれも勝ち馬ではないものの、ここで力の一端を見せているようであれば、大一番で再度発揮されることが多い。同じ時期に行なわれるフィリーズレビュー(阪神・芝1400m)やフラワーカップ(中山・芝1800m)と比較しても、後の活躍馬が出現しやすく、文字通りクラシックに向けての登竜門となっている。

 一方の弥生賞はというと、皐月賞には繋がりにくい一方で、3歳のクライマックスであるダービーとの結びつきは、今さらここで語ることではないほど。昨年のワンアンドオンリー(弥生賞2着)、一昨年のキズナ(弥生賞5着)は、ここで負けてなお強しの競馬を見せており、遡(さかのぼ)るとロジユニヴァース(2009年)、ディープインパクト(2005年)がこのレースと日本ダービーを制している。むしろ傾向としては、皐月賞で好走しないほうが、日本ダービーで好結果に繋がりやすいほどだ。

 それらを考慮すると、今週末の牡牝のトライアルは、今年のクラシック戦線の方向性を左右する、クラシック全体のトライアルレースと言って差し支えないだろう。

 また、チューリップ賞では、2歳重賞での実績馬が、人気を集めながら裏切った場合、ヒロイン候補から一気に圏外に突き落とされるという点だ。たとえば、一昨年のローブティサージュやその前年のジョワドヴィーヴルは、ともに前年にGI阪神ジュベナイルフィリーズ(以下、阪神JF)を制していながら、その後3歳戦線ではまったく存在感を示すことができなかった。これは牡馬の弥生賞からの巻き返しは少なくないだけに、消長の激しい牝馬路線ならではの傾向だろう。

 今年は2歳女王、ショウナンアデラの出走はなく、全体的な様相としても、どの馬がルージュバック(3戦3勝、きさらぎ賞勝ち馬。次走桜花賞を予定)の対抗一番手になるかという色合いが強い。

 重賞勝ちがあるのは、GIIIアルテミスS(東京・芝1600m)を勝ったココロノアイただ1頭だ。父が先日急逝したステイゴールド、曾祖母に二冠牝馬マックスビューティーがいるという血統。アルテミスSでは9番人気と伏兵扱いだったが、続く阪神JFでも3着に好走し、前走がフロックでないことを示した。

 そのアルテミスSで2着に敗れたが、阪神JFでも2着となり、対ココロノアイでは五分の成績なのがレッツゴードンキ。牡馬相手の札幌2歳S(芝1800m)でも3着に好走しており、勝ち切れない一方で相手なりに走れるのが強み。新馬→オープン特別と連勝中のコンテッサトゥーレとクルミナルを含めた4頭が、上位人気を占めそうだ。

 これに続くのが、阪神ジュヴェナイルフィリーズ、クイーンカップ(東京・芝1600m)と立て続けに1番人気を裏切っているロカ。デビュー戦で見せた能力は一級品のそれだが、クラシック戦線に喰らいついていくには、今回が試金石で、ここで敗れるようだと少なくとも春の浮上は難しそうだ。

 もう1頭、実力も備えながらビジュアルで話題を集めているのがブチコ。芝では未勝利もダートで2戦続けて楽勝しており、もう一度、芝に戻っての走りに注目が集まる。父はキングカメハメハ、母の父はサンデーサイレンスという血統。同じ配合ではデニムアンドルビーが、一昨年のジャパンカップで2着しており、半姉のユキチャンも、芝では3歳500万のミモザ賞を勝っている。生産者のノーザンファームの中島文彦場長も「見た目を抜きにしても、この世代で期待の1頭です」と太鼓判。ビジュアルを抜きにして主役になれる可能性は十分だ。

 見どころとしてはゴール前の攻防だろう。昨年のヌーヴォレコルト(2着)や、一昨年のアユサン(3着)がそうであったように、ゴール前で一旦止まりそうになりながらも、もうひと伸びを見せられるかどうか、まだ伸びしろがある走りかどうかが、今後への指標となるはず。逆に、全部を搾り出したような敗戦の場合、先々で台頭するには展開などの助けが必要になる。

 弥生賞に目を向けると、出走11頭中過半数の6頭が重賞勝ち馬という、このまま皐月賞でもおかしくないようなメンバーが揃った。特に新馬→重賞と連勝している、シャイニングレイとサトノクラウンが揃ったことで、横の比較が困難な今年の3歳牡馬戦線の勢力図を形付ける、大きなパズルのピースが加わることになりそうだ。

 シャイニングレイは、今回と同じ舞台で争われたホープフルSを勝利。これまで、クラシック登竜門として位置づけられていたラジオNIKKEI杯2歳Sに替わる新設重賞で、京都2歳S2着のダノンメジャーや、新馬、黄菊賞と連勝したティルナノーグといったメンバーを相手のものだけに、その価値は高い。

 一方で、危惧されているのが、そもそも昨年の2歳重賞自体のレベルに疑問符がつけられている点だ。前述のダノンメジャーとティルナノーグは年明けに共同通信杯に出走も、揃って惨敗を喫しており、今回の弥生賞に出走する札幌2歳Sの勝ち馬ブライトエンブレムも、朝日杯フューチュリティSで7着に敗れている。とはいえ、父はディープインパクト、母シェルズレイ、その母オイスターチケットともにクラシックに駒を進めた良血らしく、センスを感じさせる走りは評価も高い。開業4年目の高野友和厩舎は、昨年、ショウナンパンドラで秋華賞を勝ち、今年は目下全国リーディング2位と躍進。同じ3歳のポルトドートウィユも擁しており、その勢いも含めて目を離すわけにはいかない。

 シャイニングレイで触れた不安要素は、東京スポーツ杯2歳S(東京・芝1800m)を勝ったサトノクラウンにも当てはまる。このとき1番人気で2着だったアヴニールマルシェは、やはり共同通信杯で5着に敗れ、人気を形成したクラージュシチーやグリュイエールも、2勝を挙げられずにもがいているのが現状だ。また、東京スポーツ杯の鮮やかな勝ちっぷりは、名手ライアン・ムーア騎手ありきとの見方は否めないところ。今回は休み明けということも加味して、その走りを確認したい。逆にここを好内容で勝つようなら、クラシック制覇もぐっと近づく。

 そうなると重賞初挑戦ながら、ここの結果次第で一気に主役に躍り出そうなのがトーセンバジルだ。今回と同じ舞台だった前走の葉牡丹賞での勝ち時計は、ひと月後の京成杯(中山・芝2000m)を勝ったベルーフのタイムより1秒5も速いものだ。デビュー以来2回の2着が、いずれも前出のティルナノーグ相手に喫しているのは気になるところながら、やはり未知の魅力のほうが大きい。大物感のあるレースぶりは、無敗の2頭に引けを取らないだろう。

 1強の牝馬戦線と、群雄割拠の牡馬戦線。幕開けを告げるトライアル初戦は、レース単体としてでなく、先々を見据えるキーとしても目が離せない。

土屋真光●取材・文 text by Tsuchiya Masamitsu