パトリック・ヒューズ監督とケラン・ラッツが次世代アイドルX21と対談(C)EX3 Productions, Inc. All Rights Reserved.

写真拡大

シルベスター・スタローンが脚本・主演を務めた「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」のブルーレイ&DVDの発売を記念し、メガホンをとったパトリック・ヒューズ監督と出演俳優ケラン・ラッツがこのほど、次世代アイドルグループ「X21」メンバーの泉川実穂、白鳥羽純、籠谷さくらと対談した。

スタローンをはじめ、ジェイソン・ステイサムやアーノルド・シュワルツェネッガーら豪華アクションスターが共演した人気シリーズ第3作。スタローン扮するバーニーが率いる消耗品軍団(エクスペンダブルズ)が、かつての仲間でありながら今は冷酷な武器商人となったストーンバンクス(メル・ギブソン)の身柄拘束をめぐり、世界規模のミッションに挑む。

白鳥が流ちょうな英語で挨拶を終え、ラッツに対してスタローンと共演した感想を聞くと「スライ(スタローンの愛称)は僕にとって父親的な存在だ。とにかく頭のキレる人だ。即興でシーンを変えたりもする。彼の思いつきに乗って演技するのが楽しかった」と述懐。さらに「僕は『ランボー』シリーズを見て育ったので、スライは僕のヒーローなんだ。ある銃撃戦のシーンを撮影していたとき、演技であることを忘れてランボーと一緒に戦っている気になり、思わずニヤけていた。するとスライから『カット。なぜ笑っている? 笑うシーンじゃない』と言われて、われに返ったよ」と撮影中のエピソードを明かした。

また、空手の黒帯保持者である籠谷は「映画を見てメチャクチャ戦いたくなりました! もし『エクスペンダブルズ4』が作られることになったら、悪役で出演させてください!」と、ヒューズ監督に懇願。するとヒューズ監督は、「じゃあ約束だ。もし君が『エクスペンダブルズ3』のブルーレイとDVDをたくさん売ることができたら、4作目で悪役にするよ」と、条件付きで出演を快諾した。

「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」ブルーレイ&DVDは3月18日発売、レンタル開始。

■関連記事
「エクスペ3」の監督&出演者と次世代アイドルX21の対談映像
「エクスペンダブルズ3」吹き替え声優・ささきいさお、スタローンの魅力を語る
「エクスペンダブルズ3」だからこそ実現!BD&DVD日本語吹き替え版に大御所声優が結集
「エクスペンダブルズ3」ウェズリー・スナイプスが明かす刑務所生活で得た教訓
出演陣もノリノリ!「エクスペンダブルズ3」特別映像が公開