新鋭ジェシー・アッシャーがヒラー大尉の息子役にPhoto by David Livingston/Getty Images

写真拡大

米20世紀フォックスが、ローランド・エメリッヒ監督のSF大作「インデペンデンス・デイ2(原題)」の主要キャストに新鋭ジェシー・アッシャーを起用した。

1992年2月29日生まれ、23歳のアッシャーが演じるのは、大ヒットした前作「インデペンデンス・デイ」(96)でウィル・スミスが演じたヒラー大尉の息子役。スミスは同役でブレイクを果たしているだけに、アッシャーの飛躍に期待が高まる。スミスは続編企画が正式にスタートする前から不参加を表明している。また、「ハンガー・ゲーム」シリーズのリアム・ヘムズワースも主演することが決定し、ヒラー大尉の相棒デビッド役を演じたジェフ・ゴールドブラムの続投も発表された。

アッシャーは、米Starzで昨年から始まった「Survivor's Remorse(原題)」で主人公の天才バスケットボール選手を演じており、シーズン2が今年放送予定。米国では、テレビシリーズ「Level Up(原題)」(2012〜13)で脚光を浴び、映画ではフットボールを題材にした「コーチ・ラドスール 無敵と呼ばれた男」(日本劇場未公開)など3作品に出演したほか、ドキュメンタリー「Teenage(原題)」に声優として参加している。

「インデペンデンス・デイ2」は、エメリッヒ監督が再びメガホンをとり、ディーン・デブリンとハラルド・クローサーとともに製作を手がける。16年6月24日全米公開予定。

■関連記事
「インデペンデンス・デイ」続編ついに始動!全米公開は2016年6月に
「インデペンデンス・デイ」続編はリアム・ヘムズワース主演?
ウィル・スミス「インデペンデンス・デイ」続編には出演せず ギャラがネックか
「ハンガー・ゲーム」最新作 独裁国家を反乱軍がジャックする特別映像公開
ハリウッド・レポーター紙が選ぶ、世界の終わりを描く映画19本