「家族はつらいよ」から初公開された家族会議の場面写真(C)2016「家族はつらいよ」製作委員会

写真拡大

巨匠・山田洋次監督が手がける「家族はつらいよ」の公開日が、2016年3月12日に決定した。あわせて、家族会議の場面を捉えた劇中カットが初披露された。

「家族はつらいよ」は、国民的映画「男はつらいよ」シリーズ終了から20年を経て、山田監督が送り出す喜劇。2013年に公開された「東京家族」で一家を演じた橋爪功、吉行和子ら8人のキャストが再結集し、現代を生きる全く別の家族となって銀幕で暴れまわる。

公開された劇中の家族会議のシーンは約20分にもおよぶ長尺で、喜怒哀楽の全てが詰め込まれた挑戦的な一幕になっているという。山田監督の鋭い演出により5日間をかけて撮影された、こん身のシーンだ。

山田監督は今年、戦後70年を記念して製作され、自身初の「泣けるファンタジー」になっているという新作「母と暮らせば」が12月12日から公開されることが決まっている。「家族はつらいよ」の公開日はそれからちょうど3カ月後となり、冬に「母と暮らせば」で泣き、春に「家族はつらいよ」で笑うという、全くタイプの異なる2作品が豪華連続公開となる。

■関連記事
山田洋次監督84本目の最新作は吉永小百合主演!二宮和也&黒木華も意欲満々
「家族はつらいよ」ポスタービジュアル完成!山田洋次監督×横尾忠則2大巨匠が奇跡のコラボ
高倉健さんへ追悼コメント相次ぐ 次回作は親子の物語になるはずだった
山田洋次監督20年ぶりの喜劇「家族はつらいよ」製作決定!「東京家族」キャストが再結集
「小さいおうち」ベルリン銀熊賞の黒木華が凱旋会見「みんなでもらった賞」