コールガール役に挑むライリー・キーオPhoto by Andrew H. Walker/Getty Images for Whitney Museum of American Art

写真拡大

スティーブン・ソダーバーグ監督作「ガールフレンド・エクスペリエンス」(2009)がテレビドラマ化され、エルビス・プレスリーの孫娘の女優ライリー・キーオが主演すると、米バラエティが報じた。

映画版は、仕事とプライベートの両立に葛藤する高級コールガールを描き、人気ポルノ女優サーシャ・グレイがヒロインを演じた。

テレビ版は米Starzネットワークのアンソロジーシリーズで、複数のコールガールの姿を描く。キーオは、米シカゴ大学ロースクールの学生で、友人から紹介されたエスコートサービスに参加するクリスティンを演じる。

ソダーバーグ監督がテレビ版のプロデュースも手がける。キーオは同監督作「マジック・マイク」に出演していた。

■関連記事
「マッドマックス」公開日決定! 狂気の世界が凝縮された特報第2弾も公開
エルビス・プレスリーの孫、女優ライリー・キーオが婚約
ソダーバーグ「ガールフレンド・エクスペリエンス」がテレビドラマ化
元ポルノ女優サーシャ・グレイがエロティック小説を執筆
「マジック・マイク」続編クランクイン!ソダーバーグは撮影監督&編集