高杉真宙がイメージキャラクター(C)ウニ/双葉社/素浪人

写真拡大

2ちゃんねる発の短編オカルトホラー作「師匠シリーズ」が、「仮面ライダー鎧武(ガイム)」の高杉真宙をイメージキャラクターに据え、2016年に映像化されることが決定した。「師匠シリーズ」プロジェクトと銘打ち、実写映画(監督・清水厚、脚本・小中千昭)を公開、その後はテレビアニメとドラマを放送する予定だ。

「師匠シリーズ」は、2003年に2ちゃんねるで発表されて以来人気を博し、13年にはヤングキングアワーズ(少年画報社刊)で漫画化、14年には双葉社から書籍化されたオカルトホラー作品。田舎から出てきた大学1年生の主人公ウニが、サークルで出会った霊感を持つ先輩・師匠に導かれ、さまざまな都市伝説や心霊現象を体験していく姿を描いた。

原作者のウニ氏は、「10年以上前、孤独にネットの海の底で怖い話のようなものをブクブクとつぶやいていたとき、それが誰かの耳に届いているのか、わからないままでした」「私の小さな泡がこうしてささやかに世の中に広がっていて、たしかに誰かの耳に、胸に、届いていたことを知って、うれしく思います」と感無量の様子。本プロジェクトは実写とアニメがコラボすることも特徴で、無類のアニメ好きだという高杉は「出来上がった映像を見て、アニメの世界の中に自分がいるのが、不思議な感覚でした。とても綺麗な映像になっていると思いますので、ぜひたくさんの方にご覧頂けるとうれしいです」と話している。

「師匠シリーズ」プロジェクトは、2016年に始動予定。なお公式HP(http://www.damnedmaster.com)では、プロジェクトムービーが公開中だ。

■関連記事
【作品情報】「師匠シリーズ」
小林豊&久保田悠来登場にファン歓喜 「鎧武」スピンオフで再結集
白石晃士「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」が完結!4月に2日限定公開
人気ホラーを生み出した名コンビが語る「アナベル」の見どころ
乃木坂46・生駒里奈、ホラーゲーム「コープスパーティー」実写化で映画初主演