千原ジュニア

写真拡大 (全2枚)

お笑いタレントの千原ジュニア(40)が、再会を望む先生を紹介するインタビューで、初体験の年上女性を「先生」と呼んで、笑いを誘った。

千原は3日、BSスカパー!の番組「ダラケ!〜お金を払ってでも見たいクイズ〜」の公開収録に、番組MCとして参加。控室で取材に応じていた。

「会ってみたい人」の質問を受け、改めて会ってみたい先生をあげていった。

「小学校の担任の先生に…、自動車教習所のおっさん」と並べていった後に、「そう、初めて男にしてくれた人も先生だと思う」と話し、笑いを取った。

千原は「若い時に大阪で…年上のホステスさんと…」と隠さず話した。その女性から「ウチが何とか、してあげるさかいに」と声をかけてもらったそうだ。

体験した時期は「10代の頃、もう一人で生活していましたから…」と具体的には話さなかったが「似ている芸能人?はやし…何とか。そう、林寛子さん!若い頃、凄くキレイだった、あの人に似ているかも…。会ってみたい!」とぶちまけた。

この日もプライベートな話題を提供した、千原。昨年10月にスタートした同番組が好評なことから、来月16日から“シーズン3”の放送が決定した。

普段、見聞きすることが出来ない分野の体験者をゲストに呼び、あまり知られていない情報をクイズにする番組だ。過去の放送回では、「枕営業をしているキャバ嬢」「AV男優」「美人SM嬢」など、様々な職業の人々を招いて、ディープな世界を紹介している。

レギュラー放送は、毎週木曜の午後9時から。なお、今回の公開収録回は、今月26日の午後9時に放送される。

▼ (左から)千原ジュニア、番組アシスタントの米田弥央

3日、都内のイベントスペースにて撮影

■関連リンク
「ダラケ!〜お金を払ってでも見たいクイズ〜」 - 番組紹介ページ