2015年クラシック候補たち
■第4回:シャイニングレイ

 3歳春のクラシックがいよいよ近づいてきた。

 トライアル戦も本格化し、有力馬たちが大目標に向かって動き始めている。3月8日のGII弥生賞(中山・芝2000m)にも、クラシックの「主役候補」たちがこぞって参戦予定だ。

 なかでも注目は、ここまで2戦2勝のシャイニングレイ(牡3歳/父ディープインパクト)である。

 シャイニングレイは、昨年11月9日の2歳新馬(京都・芝2000m)でデビュー。スローペースを2番手で追走して最終コーナーで先頭に立つと、鞍上がムチを使うことなく、馬なりのまま後続を3馬身半、突き放した。

 関係者たちはこの一戦で、今後に向けて確かな手応えを感じていた。だが、シャイニングレイの能力は、そうした評価をさらに凌駕するものだった。続く2戦目のGIIホープフルS(2014年12月28日/中山・芝2000m)で、関係者の予想を大きく上回る走りを見せたのだ。

 ホープフルSは、これまでオープン特別として開催されてきた。それが昨年からGIIに昇格し、当時3戦2勝のダノンメジャー(牡3歳/父ダイワメジャー)や、同じく当時3戦2勝のティルナノーグ(牡3歳/父ディープインパクト)など、クラシックで活躍が期待される有望株が、例年以上に多数出走した。

 そんな好メンバーがそろう中、シャイニングレイはわずか1戦のキャリアで果敢に挑んで、あっさりと勝利を飾った。デビュー戦と同様、先行して3番手につけると、直線ではきっちりと抜け出す横綱相撲。注目の評判馬たちをまったく寄せつけなかったのだ。

 シャイニングレイを所有するキャロットファームの永島一樹氏も、ホープフルSの走りには驚かされたという。そして、同馬の強さをこう分析する。

「デビュー戦は、少頭数でスローペースの展開。実質的には、上がり勝負のレースでした。一転して、2戦目のホープフルSは、多頭数でメンバーの質も上がって、かなり負荷のかかる、総合力が求められる競馬だったと思います。つまり、ふたつのレースはまったく別物だったのですが、そこで完璧に対応できたのは、能力の証。クラシックが本当に楽しみになりましたね」

 デビュー前の育成において、調教を積むごとによくなってきたというシャイニングレイ。携わるスタッフたちからも、「他の馬とは、レベルがちょっと違うんじゃないか」という声が出てきていると、永島氏は言う。

「シャイニングレイは、ディープインパクト産駒には珍しく、シャープというよりゴロンとした体型。その分、いかにも力強さを感じます。レースぶりも、父のように切れ味を生かした追い込み型ではなく、先行して突き放すスタイル。これも、ディープインパクト産駒にはあまりいないタイプですが、まさにそれこそが、この馬の強さだと思っています。

 そうは言っても、シャイニングレイのキャリアはまだ2戦。あくまで本番前の準備段階の結果に過ぎません。今後の課題としては、さらにタイトなポジション争いを強いられるレースになったとき、どう対処するのか。皐月賞は、おそらくそういう競馬になると思うので、そこで馬が動じなければ、チャンスはあるはずです」

 現状では、混戦模様の3歳牡馬クラシック戦線。シャイニングレイがホープフルSに続いて、GI皐月賞(4月19日/中山・芝2000m)と同じ舞台の弥生賞で磐石のレースを見せれば、本番を「主役」で迎えることは間違いないだろう。クラシックの行方を占う意味でも、シャイニングレイの真価が問われる一戦、弥生賞は見逃せない。

河合力●文 text by Kawai Chikara