■2015年クラシック候補たち
【第3回:ルージュバック】

 関西で開催される前哨戦の中では、クラシックに通じるレースとして、毎年注目を集めているGIIIきさらぎ賞(2月8日/京都・芝1800m)。今年も、三冠馬オルフェーヴルの全弟であるアッシュゴールド(牡3歳/父ステイゴールド)をはじめ、女傑エアグルーヴを祖母に持つポルトドートウィユ(牡3歳/父ディープインパクト)、母がGI3勝のスイープトウショウというレガッタ(牡3歳/父ディープインパクト)など、話題の素質馬たちが集結した。

 8頭立ての小頭数とはいえ、そうそうたるメンバーがそろう中、レースを制したのは、牝馬のルージュバック(牝3歳/父マンハッタンカフェ)だった。道中、スムーズな走りを見せて直線に向かうと、好位から強烈な末脚で抜け出して、並み居る良血牡馬たちを一蹴。デビューから無傷の3連勝を飾って、牡馬を含めた3歳世代の"主役"に躍り出た。

 ルージュバックを所有するキャロットファームの永島一樹氏は、同馬のデビューまでの過程をこう振り返る。

「母のジンジャーパンチは、それまでに2頭の牝馬を生んでいました。どちらも素質はありましたが、体質の弱さが響いて出世できませんでした。ルージュバックも最初は線が細く、そういった面の不安がなかったと言えば、嘘になります。しかし、ゆっくりと育成する中でグッと良くなってきましたね。昨年の春くらいから変わり身を見せて、デビュー戦、2戦目と素晴らしい勝ち方をしてくれました」

 母ジンジャーパンチは、アメリカのダートGIを5勝もした名牝。当然、その子どもたちは初仔から期待を集めていたが、最初の2頭は光るものがありながら、体質的な問題で活躍できなかったという。しかし、そこで得た育成スタッフの経験が、3番仔のルージュバックを育てる際に生かされたのだろう。同馬はデビューから圧巻のパフォーマンスを発揮して連勝。キャリア3戦目には、51年ぶりという牝馬によるきさらぎ賞制覇を決めたのだ。

 永島氏は、現時点において「クラシックへの不安材料はほとんど見当たらない」という。

「きさらぎ賞では、初めてとなる関西圏への長距離輸送をクリアできました。また、レースでは前に馬がいなくても自分で折り合えました。差し当たって課題は見当たらず、持ち味である素晴らしい瞬発力を発揮できれば、十分にGIでも戦えると思います。もちろん、今後さらなる成長を遂げてくれれば、なお"言うことなし"といったところです」

 牡馬の一線級を負かしたレースぶりから、牝馬限定戦ではなく、皐月賞や日本ダービーといった牡馬中心のGIに挑んでほしい、という声もある。が、永島氏によれば「あくまで、牝馬クラシックが目標」とのこと。今後は、4月12日のGI桜花賞(阪神・芝1600m)、5月24日のGIオークス(東京・芝2400m)へと駒を進めて、3歳牝馬の頂点を目指す。

 近年の日本競馬界では、ウオッカ、ブエナビスタ、ジェンティルドンナなど、牡馬相手にもヒケをとらない「女傑」が次々に登場している。きさらぎ賞で次元の違う走りを披露したルージュバックは、その系譜をたどる"新ヒロイン"候補であることは間違いない。まずは、今春の牝馬クラシックでどれほどの強さを見せてくれるのか、楽しみにしたい。

河合力●文 text by Kawai Chikara